小林のポケモンブログ

主にポケモンの構築記事・考察のブログです。基本的に投稿頻度は少ないです。ソード・シールドでは今のところダブルバトルメインでやっています。

【剣盾S15ダブル・最終レート1745順位868位】♡SEXYキュアゴリラ♡構築【イベルタルスタン】

はじめに

 はじめまして、またはこんにちは。閲覧してくださってありがとうございます。

 

 シーズン14では最終3桁にたどり着けませんでしたが、伝説1匹使用可能と言う波乱のルールで行われたシーズン15では、無事メインアカウントサブアカウント両方で最終三桁順位にたどり着けたので、構築記事を書くことにしました。

 

 このページはサブアカウントで使っていた構築の記事となっております。

 

 こちらの構築では、最終レート1745、最終順位868位を達成しました。

 

 メインアカウントで使っていた構築記事はこちら↓

kobayasisinn.hatenablog.com

 ちなみにこの「はじめに」の項目、↑の記事からのコピペで書いてます。

 

構築経緯

 ルール発表から2月中頃までずっと↑のパーティを使っていて、そろそろサブアカウント用にもう一つパーティ作って遊ぼうかと考えてました。

 

 使ってみたいと候補にまず上がったのはf:id:kobayasisinn:20210228192616p:plain。そこから2日ぐらいでおおむねパーティ構想が固まったところで、衝撃の事実が発覚。なんと、1アカウントで1匹しか乗馬バドレックスが作れないんですね。すでにf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainで枠が圧迫しているため、面倒くさくなってお蔵入りに。いや、まあ、一回解除するのは別に良いんですけど、ブリザードランス・アストラルビットのPPもリセットされるのがもったいなくて……。なんとかしろゲーフリ。

 

 その次に候補に挙がったのがf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plain。ちょうど配信色違いも受け取っていた気がするし、ダイジェットもあれば超火力ダイアークもあり、何よりも大嫌いなf:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainの悪戯心無効なのが偉い!

 

 そこからごちゃごちゃと考えた結果、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200831194902p:plainの3匹がパーティに入ってきて悪統一になりかけたものの、軌道修正して、以下のように仲間が決まりました。

 

 まず、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainのC種族値が131しかなく、デスウイング媒体ダイジェットが威力130しかない点が不満(A種族値165で一致140と一致130範囲技を放てるf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainコーチングでさらに強化して使っていたので感覚がマヒしてました)だったので、弱点保険型に決定。

 

 そうなると相棒として最有力候補だったf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainに白羽の矢が立ちました。

 

 ついで、イベルタルはB耐久が不安だったのとf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20200831140727p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plain

を重く見て、ダークオーラとのシナジーも期待し、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを採用。ちなみにこの時点の僕は、イベルタルはD耐久が高くB耐久は禁止伝説にしては低い、と勘違いしています。実際の種族値はほぼ同じ。

 

 それから、相手のf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20210102011129p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainによる特殊技が辛そうと感じた、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainはなるべく超火力ダイアークをぶん回したくてダイジェットは最低限にしたいためS操作が欲しい、という2つの理由から、相手の追い風の上からでも怪電波ができるスカーフ持ちf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainを採用。

 

 ここまで、大エースが耐久振りする都合上Sが中途半端なのにS操作手段が少なくそのくせ先制技が足りないのと、f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainあたりへの打点不足を感じて、f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainも参戦。フラワーヒールとのシナジーも期待していました。

 

 これで5匹が決まったものの、それでもなおf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainが死ぬほど重く、どうしようかと悩んで、ポケモンバトルデータベースでf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainの「同じチーム」を見たところ、2位がf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainだったのでとりあえずそのまま採用。ここで「同じチーム」の上位4匹がf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainで、今回のパーティと丸被りしていることに気づきました。

 

 さて、仕方ないので、構築名でオリジナリティを出すことにしましょう。

 

f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainSupport)

f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainElectronic)

f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain(顔面にXがある)

f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plain絶対神

f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainキュアゴリラ

 

 ♡SEXYキュアゴリラ♡

f:id:kobayasisinn:20210302103203p:plain

この画像を作ってる時気が狂いそうだった

本題のレンタル画像はこちら↓

f:id:kobayasisinn:20210302103302j:plain

メインロムのレンタルが一杯なのでサブロムに輸送してレンタルアップしました

個別解説

イベルタル

f:id:kobayasisinn:20210302103418p:plain

 なんかシングルでバカ強いらしいのと、ダブルでもバカ強く感じたので使ってみたかったから軸として採用しました。悪タイプなので悪戯電磁波・嘘泣き・トリックなどが無効なのが偉い!!!

 

 まず道具は、火力が不満だったので弱点保険に決定。

 

 さらに火力がまだ不満だったのでC特化も決定。残りは、耐久力も欲しかったので、「ダイマ時、特化f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainのA1下降ダイアイス2回+霰ダメ2回を、フラワーヒール込みで耐える」ようにHに結構振ることを意識し、S134ライン(最速130族f:id:kobayasisinn:20201130004606p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003953p:plainをダイジェットやエレキネット1回で抜ける)との兼ね合いで、H140S116振りに決定。ダイマ時、A下降なし特化f:id:kobayasisinn:20210101212726p:plainのダイアイスも1発なら耐えます。H132B4D4のほうが耐久が高くなることに気づくのは3月1日のことである。

 

 耐久調整の時に意識したシチュエーションは1回もなかった(そりゃそうだ)ものの、耐久振り自体は随所で活きました。

 

 技は、さすがに悪の波動守るは確定。飛行技はダイマ時の威力が高くなる暴風と迷ったものの、ダイマ切れ後の命中安定と保険発動後の大量回復を期待して専用技・デスウイングを採用。残り1枠は不意打ちと迷ったが、なんか採用率が高かったので、炎抜群には悪が等倍で入るので必要性は感じなかったもののとりあえず熱風を採用。結果としてテンプレに。

 

 そしてこれが大正解でした。

 

 まずデスウイング耐久振り弱点保険とのシナジーが抜群です。弱点保険のために多少自爆するも耐久振りなのでHPがギリギリ残ってダイマ後も行動できる→C2上昇デスウイングでめっちゃ回復する、の流れが最高でした。

 

 また熱風も大正解です。採用当時の自分は忘れていましたが、そういえばf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainは悪半減でしたね。あと範囲技なので、C2上昇と合わせれば結構な火力になります。

 

 こちらCS2上昇赤ゲージf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainのみ、相手どっちも半分ぐらい削れたf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain、みたいな場面が2回ぐらいありました。熱風があれば81%で勝ち、無ければ100%負け、なんですよね。ちなみにちゃんと両方に当てて勝ちました。

 

 シーズン後半からf:id:kobayasisinn:20201130003958p:plainが爆増し、微妙な戦いを強いられるようになりました。珠を持っている場合、チョッキを持っている場合、ダイサンダーを選ぶ場合、ダイジェットを選ぶ場合、など、相手次第でこちらのするべき行動が違ってくるんですよね。なので、中間択、安定択、相手の並びから予測する、お祈りする、こちらの並びで牽制する、過去の経験を信じる、などで対応することになります。

 

 あと、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainにやたらとC2上昇ダイジェットを耐えられる場面が発生しました。そのせいで3月1日夜まで、H252にD少し振りぐらいで確定耐えするぐらいなんだなって勘違いしてたんですよね。実際は、ダメ計したら、D特化でも62%ぐらいで1発で落とせるみたいです。まさか運悪くチョッキ持ちばっかりだったのか……?

 

 このポケモンは色々ダメージ感が絶妙なので、以下に主要な相手へのダメ計を載せておきます。こちらはダイマックス、相手は非ダイマです。オレンジは相手ダイマ時確定1発、水色は相手非ダイマ時確定1発です。どこかミスあったら指摘ください。

f:id:kobayasisinn:20210303160345p:plain

ザシアンがまあまあ熱風耐えるのやばすぎでしょ

 

キュワワー

f:id:kobayasisinn:20210302110455p:plain

 以前使ったS13の構築から流用。冠環境でも出オチが多くて耐久不安だったので、伝説環境では気合の襷を持たせることにしました。

 

 仲間殴り用のドレインキッス、仲間回復用のフラワーヒール、相手のトリルに切り返したり相手の追い風対策にトリックルーム、この3つは確定です。

 

 残り1枠は、前の構築では甘えるを採用していましたが、今回は使える場面があまりなさそうだったので、襷とシナジーが期待できる悪魔の技・サイドチェンジを採用。

 f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainで並べて2ターン連続ダイアースを透かした(1ターン目サイチェン、2ターン目チェンジせず)結果相手が切断して勝ったのを筆頭に、何回かサイチェンで勝ちを拾っています。やはりサイドチェンジは、人間の脳味噌を破壊するようです。

 

 ちなみにランクマデビュー戦では、初手サイチェンした結果相手に読まれて、ダイマf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20200930141249p:plainの電撃嘴の一撃で何もできず沈み、2ターン目に降参しました。

 

 なんか先にサイチェンの話になりましたが、役割は、弱点保険起動と大エース回復と対トリルへの切り返しです。草またはフェアリーが弱点の大エースに弱点保険を持たせる場合、このポケモンは最強ですね。絶対的大エースが君臨しがちな伝説1匹環境では特に強いと思います。なんなら、もはや保険エースを考えるにあたって草かフェアリーどっちかが弱点という理由で優先されるという本末転倒すらあります。

 

 調整意図は鎧配信直後の自分がなんとなくやったことなので不明です。今回はタスキを持たせたので、S振りf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plain猫騙しや相手f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainとの同速勝負を意識してS振り、またはHB特化・HD特化にしてもよかったかもしれませんね。

 ちなみに、仲間を殴るのにC個体値Vの理由は、相手を殴ることも結構あるからです。相手のミリ残しや襷を圧倒的優先度から狩れるほか、ダイアークでDを下げてのダメージは中々のものです。

 

ガオガエン

f:id:kobayasisinn:20210302110452p:plain

 構築経緯で理由をつけた通り、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainに打点のある物理ポケへの対策として採用しました。ダークオーラとのシナジーも期待してます。ただ、色々考えた風に言っていますが、実際は、伝説環境で最強なので脳死で採用した部分が大きいです。

 

 もう一つの構築と違いこちらはトリルパではなく、ダイジェットやエレキネットを多用するので、Sをある程度伸ばし、技も火力を意識して物理型にしています。

 

 性格は、威嚇でカバーできないのと、当初は捨て台詞を採用していなかったこともあり、D優先の慎重。Sはタイムラインで見かけた84ライン(+1で最速61族f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainを抜けて、+2で最速100族が抜ける)、耐久はポケ徹耐久ツールで出したもので、4余ったのでAに振りました。持ち物は耐久を増すためにオボン

 

 耐久ラインとしては、特化f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainのダイアースを60%ぐらいの確率で耐え、威嚇込みなら6~7割削れるぐらい。臆病珠f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainのダイアースは75%ぐらいの確率で耐えます。

 

 技は、火力のフレアドライブ、ダークオーラとのシナジーが期待できるDDラリアット、便利な猫騙は確定です。残り1枠は、f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainが両方猫騙しを持ちなおかつ片方が挑発を持っているという初手並びでトリルを何度も止められて憤死した経験があったため挑発にしていたのですが、相手のCを下げられないのとサイクル回しにくいのが不安だったので捨て台詞に変えました。捨て台詞に変えてから勝率が目に見えて上がったし何度も使ったので正解です。

 

 ちなみに、ダークオーラ下でDDラリアットを撃つ機会は一度もありませんでした。あのさあ……。

 

 いや、まあ、DDラリアットが無ければ負けた試合もあったけども……やっぱり使う機会は少なかったですね。

 

 もうこの環境だとf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain無しでの構築は組めない脳味噌になりました。捨て台詞が強すぎる……。あと伝説の中で2番目に多いf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainにめっぽう強いんですよね。絶対ダイマックスできないから猫騙しが安定するのが楽です。

④レジエレキ

f:id:kobayasisinn:20210302110506p:plain

  構築経緯の通り、辛い相手の特殊ポケにデバフを打ち込みたいのと、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainf:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainへの強い打点を確保したいのと、S操作をしたいのとで、採用しました。

 

 追い風f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainの上から雷や怪電波をぶち込めるよう最速スカーフです。理由の半分は使ってみたかったからなんですけどね。

 

 技は、無振りf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainをギリギリ確定1発に出来て雨で必中になりワンチャンを引き込める、S操作のエレキネット、採用理由でもある強力Cデバフ怪電波、拘ってるから小回りが欲しいのでボルトチェンジで確定です。雷は、ロマンを求めないならエレキボールや10万で良いとおもいます。

 

 まあ期待通りの活躍でした。絶対に先制できる安心感、雷のワンチャン力、S操作なしでも上からそこそこの火力で叩き込める安定感、怪電波と弱点保険のシナジーは中々のものです。

 

 一方で、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainと並べることがどうしても多く、裏にはf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainがいることになるため、誰かしらが地面技の餌食にならざるを得ない、という場面が多発したのは課題だと思います。構築力かプレイング、またはその両方が原因でしょう。f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainの「同じチーム」5位にf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainがいる理由がよくわかります。

 

 また避雷針(特にf:id:kobayasisinn:20210302233354p:plain)がいると本当に全く何もできなくなるのが欠点です。割と初手で出したいことが多いのですが、相手に避雷針がいると後発にせざるを得ず、結果として好き勝手やられてしまいます。

 

 それと、使い始めたのが2月中頃から、つまり最速スカーフf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが認知され始めたころなんですね。相手のf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainもスカーフを持っている、追い風f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainが露骨に警戒するなど、意表を突けるというほどでもなくなってきてたのです。追い風スカーフf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainに遭遇してゲームセット、というのがないのは良かったです。

 

 初手ボルチェン→f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain交代でサポートしながらなんやかんやf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainが暴れてDダウンを撒く→再度f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが出てボルチェンでスイープ、という流れが何回かありました。スムーズな勝ちパターンです。

 

 ちなみに、これもS13で使った構築から流用して、アイテムと技を変えました。

 

⑤ゴリランダー

f:id:kobayasisinn:20210302110459p:plain

  f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainの信号機トリオ使いやすすぎません?

 

 f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111845p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainらへんを重く見ての採用。

 

 技は、確定枠のグラススライダー猫騙、S操作との相性が良いウッドハンマー、残り1枠は補完も通りも良いので10万馬力にしました。10万馬力の枠は挑発、守る、などでも良いと思います。あまり使いませんでした。ただ10万馬力があったおかげで勝った試合もあるので、何とも言えないです。

 

 持ち物は、レンタルではお花のお香になってます。実際は奇跡の種を使ってましたがまあどっちでも良いでしょう。剣盾最強アイテムの一角である命の珠が余ってるのでこいつに持たせても良かったのですが、猫騙しでも珠ダメあるのが損した気分なので、草強化アイテムにしました。10nとそう離れていないので珠も悪くないとは思います。

 

 後半の詰めで出すf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainの並びのまあ強いこと強いこと。f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainダイマはうまくやれば破壊力絶大なので、この2匹を後から出すと綺麗に詰めることができます。地味にフラワーヒールとの相性が良いのもグッド。

 

 このパーティはS操作力自体は弱いですが、f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainがほとんど低威力とはいえ先制技持ち、f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが頭おかしい速度、ということで、意外と上から抑え込むこともできます。

 

 以前に使った構築から技と持ち物を変えて流用しました。ちょうどよいのがいたのでつい……パーティ個別に努力値を考えて調整せず、ボックスから流用するのは悪い癖ではあるのですが、試運転で不満が無かったらそのまま最後までやっちゃうんですよね……。

 

 求めていたのは、Aぶっぱ、SはS操作前提で少し上げて、残り耐久、という配分です。

 

 今回の個体の調整は、A特化、Sは準速60族抜きで1上昇なら最速100族抜き、Hはグラスフィールドの回復効率が良い16n+1の範囲で最大、残りは低いD、という感じです。

 

メタグロス

f:id:kobayasisinn:20210302110502p:plain

 今回の構築で一番選出率が低く、選出時の敗北率が一番高く、改善点が多いポケモン。最大の問題児。

 

 採用理由は、上記5匹が決まった段階でf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainがとにかく重く感じていて、対策枠はないかと「同じチーム」を見てみたら2位にいたからです。

 

 技は、一致かつ採用理由のアイアンヘッドグラスフィールドがいるのでアンチシナジーにならないよう地面技枠は地震ではなく地団太f:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainや鋼・地面を半減以下にする相手への打点になる冷凍パンチは確定です。

 

 残り1枠はA上昇手段がないのとダイスチルとのシナジーに期待してボディプレスにしていましたが、一度も使わなかったし、そもそもダイナックルすることになってたらかなり苦しい状況は確定なので、あまり意味はありません。一致打点の思念の頭突きか、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain+飛行でダイアースを透かそうとする相手に一貫する岩雪崩が良いと思います。

 

 持ち物は、C2上昇f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainやその取り巻きにいるであろう特殊抜群役(f:id:kobayasisinn:20201130004606p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainなど)への対策として突撃チョッキにしました。これも正直失敗で、ラムの実が良かったと思います

 

 というのも、f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainは威嚇が効かない鋼(f:id:kobayasisinn:20210228192333p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain)が天敵なわけで、その取り巻きは絶対に鬼火を覚えていますf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainの鬼火採用率は低いので舐めていましたが、f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainと組んだ場合に限っては採用率はかなり高いと思います。案の定鬼火で機能停止させられてダイマターンを凌がれ、悠々とジオコントロールされて負ける展開が連発しました。持ち物はラムの実が良いでしょう。f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainの「同じチーム」6位(構築組み始めたころは5位)にf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainがいた理由がよくわかりますね。

 

 努力値は、A特化、無振り85族抜き、1上昇で最速91族(f:id:kobayasisinn:20201130003928p:plain)抜き、2上昇で最速f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plain抜き、残りHです。

 

 なんとなく察していると思いますが、これ、過去に追い風f:id:kobayasisinn:20201130003934p:plain軸パで使っていた奴の流用です。このポケモンダイマf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainと並ぶことはほぼあり得ないため、S上昇時を意識したもろもろの調整が全く無意味なんですね。

 

 じゃあなんでこれを使っていたのかと言うと……記事を書くために努力値チェックをするまで、半月間ずーっとHAぶっぱだと思っていたからです。ボックスからの流用はこうした勘違いも招きます。皆様は絶対にヤメテクダサイ。

 

使い方・基本選出

 激やばダイマモンスターf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainが横のサポートを受けながら初手ダイマで大暴れし、後発のf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainで詰める。これがほとんどです。

①基本A

先発f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainのどれか

 

 一番強気の形。これの率は4割ぐらい。ダイマ保険f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainで大暴れし、後続で詰めていく形です。大抵のダイマ相手に押し切ることができるので、後続で詰めるのがかなり楽です。フラワーヒールとデスウイングでCSが上がったf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainダイマ後も場に残って暴れることもあり、イージーウィンが期待できます。

 

 一方で、f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainから見てメチャンコ辛い相手がいる場合は、基本選出Bに譲ることが多く、そちらのほうが率が高いです。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainはすぐ倒れることも多いものの、横でやばいやつが相手をどんどん倒すせいで意外と生き残ることもあり、そうなると置物化するので、さっさとf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainと交代するのも吉です。横で伝説が暴れながらf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain猫騙しと捨て台詞サイクルで相手の対抗を挫く、という使い方が多いので、f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainが活きててクッション・交代先になるというだけで大きいです。なんなら先制技でスイーパーまでしちゃいます。

 

②基本B(相手にf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainから見て辛いやつがいる時)

辛いやつが物理、またはf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainf:id:kobayasisinn:20210101212726p:plain入り

先発f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plain(たまに後発f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain

辛いやつが特殊、またはf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plain入り

先発f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plain(たまに後発f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain

 

 一番多い形です。威嚇や捨て台詞や怪電波でf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainの一撃死を防ぎ、なんなら相手のデバフかかった攻撃による保険発動も狙います。f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが初手ボルチェンで相手をダイアーク圏内まで削りながらf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを出してサポート体制を整える、という流れも結構あります。

 

 たまに後発f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainは、相手のトリルへの切り返し、どさくさ紛れに保険発動狙い、先制技狙い、f:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainをフラワーヒールで回復しながら詰めていく動きを狙う、という時です。

 

f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plain入り、またはf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainが死ぬほど通っていない

先発f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainorf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainのどれか

 

 ほぼ負け確定。上手い人がやればそうではないのかもしれませんが、この選出で勝った覚えはありません。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainダイマせざるを得ない→やっぱり鬼火食らって機能不全→ダイマで有利取れない以上f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainが暴れて負け、の流れが定番です。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainをラムの実にして、ボディプレスを岩雪崩にすれば……いやそれでもPT全体でf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainにゲロ弱なので、構築の歪みですね。

 

伝説との相性・体感勝率

 伝説1匹ルール特有の項目です。これは、伝説とのタイマンの話ではなく、その伝説が入っているパーティとの体感相性の話です。あくまで体感です。

 

有利

f:id:kobayasisinn:20210228222545p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192333p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192331p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192310p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plain

 エスパー勢はダイアークが受けきれない。f:id:kobayasisinn:20210228192331p:plainもダイアークが受けきれない。

 

 対f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plain勝率体感90%以上なのはちょっと謎。f:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainのおかげなのか……?

 

 

ちょっと有利、有利なはず、なぜかちょっと有利

f:id:kobayasisinn:20210228192312p:plainf:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plain

 左2匹はダイアークで押し切りやすい。

 

 f:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainは一致技が無効なので相手は辛いがこっち視点だと取り巻き(f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172759p:plain)が結構厄介。

 

 対f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainはタイマンだと超有利だしマッチングしたら顔がにやけるが、相手が対策していないはずもなく、それに引っかかってよく負けます。

 

 対f:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainは本来不利なはずでも、熱風とf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainの威嚇猫騙しのおかげで勝率は悪くないです。

 

 

対等、またはちょっと苦しい

f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plain

 

 

f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainと対等なのは当然だよね……と見えますが、実はこっちが苦しいです。

 というのも、こっちにはf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainしか対抗役がいないのに、相手にはf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainf:id:kobayasisinn:20210302233354p:plainが十中八九いるからです。ミラーマッチに実は弱いんですね。保険発動で押し切るのが実は吉。

 

 f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainに頑張ってもらってなんとか対等。白いハーブ持ちでないことを毎回お祈りしてます。

 

 

不利

f:id:kobayasisinn:20210228192325p:plain

 6回マッチングして6回負けました。ただのおやつ、鹿せんべい

 

上記伝説以外で不利な相手

f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainの攻撃が通らないf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plain

 こいつがいたらf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainの次ぐらいに負けを悟ります。一致両方が通らないしf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが特別有利ではないのもキッツいです。幸い3回しか遭遇していませんが、勝ったのは1回だけ(その1戦で3回ぐらい択勝ち)で、残り2回は酷い負け方してます。

 

 1回目は、先述の通り、ランクマデビュー戦で初手f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainVSf:id:kobayasisinn:20200930141249p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainになってしまい、苦し紛れにサイチェンしたら読まれてて出オチ負けです。f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainがあまり関係ないように見えますが、こいつに選出をゆがめられたせいで変な選出になったのが大本の原因です。

 

 2回目は、まさかの特殊バクア型。威嚇でA下げて岩技貰う算段だったのでf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainは連れてきておらず、永遠にバクアされて負けました。

 

②威嚇が通らない、かつ抜群を突いてくる(f:id:kobayasisinn:20201130003958p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004014p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004019p:plainf:id:kobayasisinn:20210102010957p:plainf:id:kobayasisinn:20210102011129p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003953p:plain

 f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainのデバフが頼みの綱みたいなところが割とあるので、これらは辛いです。特にf:id:kobayasisinn:20201130003958p:plainは後半爆増し、チョッキか珠か、で全然違ってくることもあって苦しみ続けました。f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003953p:plainも猫・怪電波で止まれば万々歳ですが、ダイマしてきたり相手も猫・この指持ちとセットだったりするとかなり辛いです。


 他は遭遇ほぼ0なのが救いです。サブアカウントでのマッチング運が良かったのが3桁に入った理由でしょう。

f:id:kobayasisinn:20210302233354p:plain

 初手でf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainと並べるサポーターはf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが一番多いのですが、相手にf:id:kobayasisinn:20210302233354p:plainがいると何もできないため、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain猫騙しを誘ってほっぺすりすり・怪電波を消極的に防ぐしかありません。

 

 で、厄介なことに、初手でf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainを出したい相手に限ってf:id:kobayasisinn:20210302233354p:plainが入ってるんですよね。そりゃそうだ。

 

まとめ

 実はこのパーティ、組んで最初にメインアカウントのランクマッチで試運転したら4桁順位帯で0勝6連敗して即解散しました。しかし、この構築が諦めきれなかったのと、マッチングが過去最低(あまり当たらなかったはずのf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainが4回、f:id:kobayasisinn:20200930141249p:plainによるクソ出落ち1回、メテオビームf:id:kobayasisinn:20210303011727p:plain1回)の外れ値だと思い込むことにしたのとで、サブアカウントで回すことにしました。

 

 月半ばからスパボ級7からのスタートと言うこともあって13勝2敗でマスボ級に上がることができ、そこから少しずつ潜って、最終的にマスボ級までの13勝2敗を含めて、28勝9敗で最終3桁を達成しました。最終日付近のマッチング運が良かったのも追い風だったと思います。

 

 メインアカウントでの6敗を含めなければ28勝9敗で19勝ち越し勝率75%、含めても28勝15敗で13勝ち越し勝率65%、マスボ級のみでの戦績なら(メインの6敗除いて)15勝7敗で勝率68%と、中々の成績を残せたと思います。

 

 とにかくf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainをなんとかすればもう少しf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainに善戦できた(勝てるとは言ってない)のかな、というのが反省点です。あと、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainの襷orバコウ読みが地獄だったので、そこもなんとかできるかな、と思います。

 

 f:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainを気にしなくて良いのは気楽だったので、S16でも使うかもしれません。

 

 以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

 

【剣盾S15ダブル・最終レート1749順位796位】みどりのマキバオー構築【白バドレックス軸トリパ】

 

はじめに

 はじめまして、またはこんにちは。閲覧してくださってありがとうございます。

 

 シーズン14では最終3桁にたどり着けませんでしたが、伝説1匹使用可能と言う波乱のルールで行われたシーズン15では、無事メインアカウントサブアカウント両方で最終三桁にたどり着けたので、構築記事を書くことにしました。

 

 このページはメインアカウントで使っていた構築の記事となっております。

 

 こちらの構築では、最終レート1749、最終順位796位を達成しました。

 

 サブアカウントで使っていた構築記事はこちら↓

 

kobayasisinn.hatenablog.com

 

構築経緯

 ルールが発表された段階で、ダブルバトルにおいて狂った性能の専用技と無駄が無さすぎる種族値に注目して、f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainを軸に組むことを決定。こいつ画像が縦にデカすぎて行間隔乱れがちですが、サイズ調整面倒くさいのでこのままでいきます。

 

 そしてこんな種族値と性能のくせしてなんとトリックルームを覚えるので、コーチングで化け物を生み出したり真似っこダイウォールで変わったトリル展開をできるようにと、f:id:kobayasisinn:20200831112206p:plainを採用。

 

 f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainは鋼タイプに弱いので、トリル下で鋼タイプを高火力抜群で倒せるf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainを採用。

 

 真似っこトリルだけだと不安で、この指トリルもできるようにしたくて、また大エースが悪タイプに弱いので、f:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainを採用。ダイドラグーンでAを下げられないのもグッド。

 

 そして、相手のf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190904p:plainf:id:kobayasisinn:20200831140727p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111744p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainどうしようってなったので、猫トリルもできるということで、ボックスで暇そうにしていたf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを呼び出しました。

 

 その後、トリル一辺倒だと弱すぎるし、上から叩けるようにもしたいってことで、せっかく晴れ役もいるんだしってことでf:id:kobayasisinn:20210228193528p:plainを採用。

 

 この段階(シーズン開始前)で、日本のダブルバトル界においてはトップクラスの発信力を誇る実況者・喰い断さんの、伝説環境最初の動画でいきなりf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831112206p:plainの組み合わせが紹介され、「やることバレバレになってる……」と不安を抱きましたが、それでも性能がやばすぎたので、カジュアルで連戦連勝を重ねました。

 

 そうしてついにS15が開始します。序盤は、おおむね順調に勝ちを重ねていきました。

 

 しかし全人類がf:id:kobayasisinn:20200831194701p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainの強さを思いだしてこの指とまれ猫騙しが大流行しはじめ、真似っこトリルもお先にどうぞも潰される試合が多くなってきたのです。

 

 そこで、戦術の軸がどっちもこの指猫に潰されるなんて論外ということで、それらに関係なくトリルを貼れるポケモンを探すことにしました。

 

 現状唯一のトリル役であるf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainは、

 

①絶対的ダイマエースなのでトリルのために1ターン非ダイマで過ごしてダメージを負うと大損

猫騙しで止まる

f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainのアストラルビット、f:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainの燃え上がる怒り、晴れ熱風で死ぬ

④挑発を食らう

⑤これらを持ち物で誤魔化すわけにはいかない

 

 と散々な状況です。

 

 そこで、これらをおおむね解決するポケモンとして、精神力f:id:kobayasisinn:20210228194818p:plainを最後のピースとして迎えました。悪半減実を持たせることで、この指を猫で止められたうえで暗黒強打や悪の波動を食らうという場面でも耐えてトリックルームを展開できます。f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainのワイドフォースを防げるのもグッド。

 

 これで大体しっくり来たので、技や持ち物をちょこちょこ変えて、おおむね完成としました。

 

 ここでメンバーを見てみましょう。

 

f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plain→騎手(山本菅助)と白馬(マキバオー

f:id:kobayasisinn:20200831112206p:plain→少年(飯富勝)

f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plain→いかついしマッチョだし毛深いし虎(飯富昌虎)

f:id:kobayasisinn:20210228194818p:plain→冴えないおっさん顔(飯富源次郎)

f:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plain→厨ポケ(チュウ兵衛)

 

 これは完全に、みどり牧場のメンバーですね!!!

f:id:kobayasisinn:20210228191723p:plain

 

 本題のパーティ画像はこっち↓

f:id:kobayasisinn:20210228195814j:plain

 

個別解説

①バドレックス(はくばじょうのすがた)

f:id:kobayasisinn:20210228210915p:plain

こいつだけいつものサイトでポケモン画像が出なかったので雑コラ

 最強のモンスター。

 

 種族値は合計680と禁止伝説の標準と言える圧倒的数値でありながら、

 

H100、A165、B150、C85、D130、S50

 

と、無駄が圧倒的に少ないのが特徴です。比較的無駄が少ないf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainですらA100あるというのに……。

 

 またトリルで活躍したいポケモンなのでSは遅いほどよく、禁止伝説の世界でS50というのはかなり遅いため、これもまた無駄がないどころかよく配分されています。

 

 タイプは氷・エスパーでクソクソ&クソ(ポケ徹で相性見てみてください、笑いますよ)とはいえ、それを補って余りある種族値パワーがあります。

 

 また、専用技の性能も狂っています。ダブルバトルにおいては範囲技が強力で、一部禁止伝説は超高火力の専用範囲技を持っているんですね。比較してみましょう。

 

f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainC150、根源の波動(威力110、命中85)あめふらし補正あり。呼び水や貯水で無効。

f:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainA150、断崖の剣(威力120、命中85)飛行や浮遊で無効。

f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainC165、アストラルビット(威力120命中100)ノーマルで無効。半減実を許さない。

f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainA165、ブリザードランス(威力130命中100無効なし半減実を許さない

 

 いや、あきらかにやべーだろ……。

 

 何がやばいって、威力が(天候補正抜きなら)圧倒的トップだというのに、命中100なのがやばいんですよ。

 

 ダブルバトルの範囲技って、要は一回で攻撃二回行うわけですから、ある種試行回数が多いと言えるんですね。だというのに、命中不安技が多いんですよ。岩雪崩、濁流、熱風、吹雪、エレキネット、バークアウト……。これらのクソ外しで泣いたり笑ったりすることは多いと思います。f:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainが強いのは燃え上がる怒りが命中100だからって部分が大きいでしょう。

 

 そんな世界に突然、A165からタイプ一致で放たれる威力130命中100の範囲技が登場したわけですよ? やばすぎますよね。

 

 そういうわけで、当然リザードランスは採用。あとは低いDを補ったり炎や鋼に弱点を突ける地面技・10万馬力と、命中安定高火力で氷半減に等倍以上で入りやすくいざという時はダイナックルで火力補強もできるインファイト、真似っこトリルのためのトリックルームで確定です。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130005619p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainへの打点になる種爆弾やダイマ切れ後の守るも欲しかったのですが、技スぺが足りませんでした。

 

 性格はトリルだから勇敢、努力値はA特化、残り総合耐久のためのH252D4。

 

 持ち物は白いハーブなんか持ち物まで白いな……。

 

 この持ち物の理由は、f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20210101212726p:plainは、A下降なしで相手をまず1匹倒せることが一番重要だと考えているからです。

 

 一回倒してしまえば相手は数が減ってこっちが優勢になりますし、白の嘶きが発動してただでさえ高いAがさらに上がって押し込む体勢になり、また一度上がってしまえば相手は下げるのにかなり苦労するでしょう。これは好循環と言えますね。

 

 一方で、A下降状態で動くはめになった場合、相手を倒しにくい=嘶けず挽回が難しい=相手は数が減らず手段が多いのでこっちにさらにデバフをかけられる、という悪循環になります。トリル中に決めたい上に単独エース依存なので、こうなってしまえばほぼ負けです。

 

 それを防ぐアイテムが、この白いハーブなんですね。

 

 相手は主にf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainで対策してきますが、これによって相手の一手を無駄にできます。また恐ろしいことに、上昇・下降なし(威嚇をハーブで無効にした状態)のダイアースは、大抵のf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを高確率で一撃で沈めることができます。

 

 相手が一回威嚇のために出してきて、もう一回威嚇再利用しようとしても、白いハーブで初撃をデバフなしで放てることによって、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを一撃で飛ばしてこれ以上のデバフを抑制しさらにA上昇して押し込む体勢に入る、という寸法です。

 

 まあこんだけやっても普通にf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainはゲロ重なんですけどね。

 

 ちなみに、こいつのダイアース、f:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainはH252だけで確定耐えします。キッツ。

 

②リオル

f:id:kobayasisinn:20210228210338p:plain

 種族値の差で風邪ひきそうですね。

 

 役割は、圧倒的エースをコーチングと真似っこトリルでサポートすることです。

 

 そういうわけでコーチン真似っこは確定。猫騙しや悪戯挑発などが飛んできやすい他、こいつが厄介だと知っている相手はダイマックス技まで振ってくることすらあるので、守るも確定。

 

 残り一枠は、元々手助けでさらに火力増強脳筋していたのですが、晴れパ(f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plain)に蹂躙されて負けることが増えてきたので、f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainを晴れ炎技の一撃で倒そうとする相手を引っ掛けてやろうということで、雨ごいを採用しました。これオナニー技のつもりなんですけど、たぶん大正解だったっぽいです。これのおかげで晴れパを何回か返り討ちにしてます。

 

 世の中の人はこの伝説環境でこいつの種族値にあまりにも信用を置いていなくて気合の襷を採用していますが、僕は、

①元々f:id:kobayasisinn:20210228193528p:plainにタスキを奪われていた

②ダイアイスでどうせ削れる

の2つの理由から、耐久全振り進化の輝石を採用しました。

 

 これによって意外と耐久が高くなり、相手のエース格以外の技やちょっとした範囲技を耐えて場持ちがよくなりました。コーチングしてるだけで強いので、この場持ちは重要です。

 

 Sを振らないせいで種族値同速のf:id:kobayasisinn:20200831194902p:plainの前で真似っこトリルをしにくくなりましたが、それを補って余りあるほどに勝ちにつながったと思います。

 

3月2日追記

 C0の理由は、元々しんくうはで仲間殴り保険を決めるためでした。このパーティで使うなら、特殊技を真似っこすることもたまにあるので、6Vが良いと思います。

 

コータス

f:id:kobayasisinn:20210228210328p:plain

 いつものこいつ。D4振りにしようと思ってたらまたB4振りのままだった分も含めて、いつも通り。

 

 f:id:kobayasisinn:20210228222545p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192333p:plainf:id:kobayasisinn:20210102010957p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainを倒すために加入。期待通りの働きをしてくれました。

 

 ただし技は、いつもの大地の力から、ソーラービームに変えています。

 

 元々f:id:kobayasisinn:20201130004019p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainあたりを意識していつも通り大地の力にしていたのですが、f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainを機能不全に追い込まれたうえでf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainに積まされる試合が多発したので、苦肉の策としてソーラービームにシーズン中盤ぐらいから変えました。

 

 まあ、変える前も変えた後も、大地だから負けた・勝ったと、ソラビだから負けた・勝った、は半々だと思います。ほんの少しソラビだから勝った、が多かったかな……?

 

トゲキッス

f:id:kobayasisinn:20210228210332p:plain

 後で調整しなおすつもりでとりあえず試運転用に採用した、ボックスで眠ってた耐久特化個体だったのですが、特に不満が無かったので最後まで使いました。

 

 このゆび役として求めていたのは、

①悪を半減以下で受けられる

この指とまれと手助けを覚える

③悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainに強い打点がある

 でした。f:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainは進化の輝石をすでに使っているため採用できず、それならダイアースも無効にできるということでこの白い悪魔に白羽の矢が立ちました。

 

 これといって調整先は無く、B硬めを意識して11nになるまで結構振り、残りはD、みたいな感じです。

 

 この指とまれ(採用理由)、手助け(トリル中に勝負決めたい&猫騙しの上から動ける)、マジカルシャイン(大エースに強い悪タイプに抜群)は確定。残り一枠は元々f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainと並べて使っていた時の名残だった犯罪技・サイドチェンジをそのまま採用しました。

 

 ぶっちゃけこの指してるだけで大体倒れるので、残り1枠は何でもよかったかな、って感じです。あまりサイチェンもしませんでしたし、脳味噌破壊案件もありませんでした。だからといって他に採用する技……うーん、今ざっと見てみたらトリックぐらいですかね。

 

 Bにかなり厚くしてリリバを持たせることで、禁止伝説の一致ダイスチルも受けることができます。また、陽気珠f:id:kobayasisinn:20210228222038p:plainの150ダイアタックを確定耐え、数少ないA特化珠でも80%ぐらいで耐えます。

 

 つまり、初手f:id:kobayasisinn:20210228222240p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222038p:plain相手には、f:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainという強気の攻めができます。

 

 なお、一回だけ、A特化珠に遭遇したうえ悪い乱数引いて一発で落とされ敗戦した模様。

 

 初手f:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainに対して打点があるのが偉い!

 

ガオガエン

f:id:kobayasisinn:20210228210325p:plain

「やっぱ伝説戦と言えばこいつだよな~!」ってノリ半分、真面目半分で採用。f:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainなど、数多くいるキツいやつら(記事内ですでに一回は触れられてる奴らばっかなのでドット絵は割愛)へとデバフをかけるために採用しました。

 

 火力はそこまで求めない、トリルパだしSは遅い方がいい、主に使うのはバクア捨て台詞だから特殊型でいいかな……って感じで育成しようと思ったら、なんでか知らないけどボックスにいたのでそのまま採用し、最後まで使い切りました。調整もどんなのか覚えていません。こいつホント育成した覚えないんだけどな……多分即解散したパーティの一員だと思います。

 

 技は、採用理由の猫・バクア・捨て台詞。残り一枠は、相手したい相手が物理硬め鋼が多かったので、f:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainとのシナジーも期待できる熱風を採用。炎2匹組の熱風が当たるかどうかが終盤での勝ち負けを左右し、そしてよく外して負けました。岩雪崩・濁流・熱風は追加効果要らないので命中100にしろゲーフリ。

 

 伝説戦のこいつはマジで強いです。役割全く違うけど、強さで言ったらメガガルーラ級かもしれません。もう伝説戦においてこのポケモン抜きでパーティ組めません。

 

 パーティの並びを見ればわかる通り、f:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainが滅茶苦茶辛いのですが、なんとかトリルを決めて、こいつのバクア捨て台詞で火力を削いでやれば結構戦えます。あまり遭遇しませんでしたが、6回ぐらい戦って1回しか負けてません。まあf:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainは使うのが難しいので、上手に使えない相手としか当たらないランク帯だったから、という面はありますね。

 

 ちなみに、2月半ばぐらいまでずっとf:id:kobayasisinn:20210228222545p:plainの特性をメタルプロテクトと勘違いしていたので、そうじゃないと気づいてからはこいつで完封できるようになりました。

 

ヤレユータン

f:id:kobayasisinn:20210228210335p:plain

 このパーティの最後のピースにして、色々試行錯誤をした枠。それでも5匹固定で最後の1匹となると、こいつ一択だと思います。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainの抜群または超火力の範囲技、それと猫騙しでこの指を止められながらのf:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainダイアークを悪半減実込みで耐えるために、HD特化にしました。Bにあまり振らなくても、悪半減実込みで暗黒強打も耐えます。

 

 ところがどっこい、遭遇する相手が揃いも揃ってf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainに挑発を採用するようになり、また出会う相手がこれ以外のポケモンにも挑発を採用しまくっていたので、ブチ切れながらメンタルハーブに変更しました。

 

 これのせいで、「猫で指無効+高火力悪技」を耐えられなくなりましたが、それで負けた試合は1つのみです。ちょうど持ち物変えたころに悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainが大幅に減ったのも良い影響でした。また、一応、C特化f:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainのダイアークは木の実なしでも確定耐え、珠ダイアークだったら半々で耐えます(不思議とf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainと対面することはなかったんですけどね)。

 

 D特化によって、珠C252f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainのエレキネット+特化雫f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainの雨全快潮吹き(どっちもダブルダメ)をまあまあの確率で耐えるのが偉かったです。まあまあの確率ってどれぐらいだって話なんですけど、2撃耐える確率の計算ができないのでわからないです。

 

 技は、トリックルームと、相手のf:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainに刺さるイカサマは確定。残り枠の一つは、相手の伝説やダイマポケモンを妨害する欠伸は早い段階で決まりました。しばしばダイサンダーで誤魔化されますが、ダイサンダーを強制することが重要です。

 

 残りは試行錯誤の末、後半から、環境に多いf:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainのキョダイセンリツや大嫌いなf:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainの壁でトリルターンを凌がれるのが嫌だったので、それを割る瓦割にしました。正直瓦割もあまり使うことなかった(トリル下だとf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainの後に動くので攻撃の前に壁を割れない)のですが、決まった時気持ち良かったのと、終盤f:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainがやたらと流行ったので精神衛生上悪くなかったのが良かったです。

 

 ちなみに瓦割の枠は、元々、対晴れ用の雨ごい(一度も使わなかった)や光の壁(一度も使わなかった)を試してました。ブリザードランス采配も考えましたが、それをできる状態ってことはほぼ勝ってるので要らないです。

 

 割とメンタルハーブ発動機会が多く、それで勝つ試合も多かったです。

 

 ところで、威嚇で精神力が発動してるのにこいつに猫騙し撃つ相手がやたらと多かったんですけど……。

 

 アストラルビット無効、ワイドフォース半減なのが偉い!

 

 岩雪崩や燃え上がる怒りの怯みがないのも偉い!

 

使い方・基本選出

①基本A

先発f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831112206p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain

 

 一番強い形です。真似っこトリル、コーチングでドカンドカン、裏からガエンだして相手の打開を阻害し、コータスの噴火熱風でドカーン!!!

 欠点は、真似っこトリルを止められる相手(猫、指、サイチェン、悪戯心、先制技持ち)がとても多く、選出回数が少ないことです。開始前のカジュアルで暴れてた頃が懐かしい……。

 

 意外なのが、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainや、f:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004002p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainのようなオーガテンプレ相手にも、この選出ができることです。

 

 前者には雨ごい+ダイアースでギリギリ対抗できます。

 

 後者は、先発f:id:kobayasisinn:20201130004002p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainで、悪戯挑発+潮吹きをかましてくるので、守るで挑発を防ぎながらダイアイスでf:id:kobayasisinn:20201130004002p:plainを(襷だろうと)倒し、2ターン目に真似っこトリル出来ます。序盤と終盤はこうした相手が多く、これで勝ちを何度も貰いました。

 

 初手の相手がこっちから見て動きやすそうだった場合、真似っこトリルを2・3ターン目にすることで、ダイマ終了後にトリルブリザードランスをぶち込める時間を延ばすことができます。

 

②基本B

先発f:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20210228194818p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plain

 

 指トリルして後ろからエースでズドーン!!!

 

 真似っこトリルができないとき(かなり多い)や、初手バドレックスが出しにくい場合(対f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plain猫騙し入りなど)はこちらです。かなりこちらを選択する機会があります。

 

 初手2匹の圧力が低い上、f:id:kobayasisinn:20210228194818p:plainはトリルさえしたら置物同然なので、よくトリルターンを稼がれがちなのが欠点です。

 

 また、f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainがどうしても刺さっていない、またはf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainがいないと絶対無理(f:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainがいるなど)な場合は、後発にf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainを入れることがあります。こうなるとパワー不足なので、かなり苦しい試合になり、勝率は低くなります。

 

③基本B亜種

先発f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20210228194818p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plain

 

 思い切ってこういう形にすることもあります。先発f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainは無理だけどf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainは欲しい、というマッチングで、基本選出Bのパワーのなさを解決するために、猫トリルを決めに行く選出です。

 

 基本的にこの指が絶対安定するのですが、相手が物理偏重だったりする場合や、f:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainのように猫騙しで止められないダイマポケの火力が低い場合に、この選出をします。

 

 ポイントは、大エース2匹が選出できる点と、f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainが捨て台詞で能動的かつ便利に2大エースへとスムーズな交代ができる点です。なんなら、相手初手の圧力が弱い場合、初手後攻捨て台詞→無傷でエース降臨→トリル決めて2ターン目から攻勢、とかもあります。

 

 攻撃的な選出と言えるかもしれません。

 

④対f:id:kobayasisinn:20210228222038p:plainf:id:kobayasisinn:20210228222240p:plain、他相手に猫騙しがいないとき

先発f:id:kobayasisinn:20210101212726p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain

 

 これも攻撃的です。猫騙しも高火力範囲技も筋金入りもいないならば、f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainが安全にトリルして、2ターン目からすぐダイマなりブリザードランスなりで攻めることができます。

 

 初手でf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainが落とされるならスムーズにf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainに移行したりf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainで猫捨て台詞体勢ができるから良し、落とされなかったら手助けできるから良し、とそれなりに美味しい形です。

 

伝説との相性・体感勝率

 伝説1匹ルール特有の項目です。これは、伝説とのタイマンの話ではなく、その伝説が入っているパーティとの体感相性(なんかエロイなこの言葉)の話です。あくまで体感です。

 

①有利

f:id:kobayasisinn:20210228222545p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192331p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192325p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192310p:plain

前半3匹はf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainのおかげ。鹿相手は謎に勝率が良いしあまり苦戦しなかったのが未だに分かりません。

 

 

②ちょっと有利、なぜか勝率が高い

f:id:kobayasisinn:20210228222723p:plainf:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainがいない場合)

姉上はf:id:kobayasisinn:20200824154409p:plainと組むことが多いせいでダイマの圧力が低いの原因。f:id:kobayasisinn:20210228223631p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192316p:plainは本来対等または不利ですが、ランク帯的に上手に使う相手がいなかったからです。

f:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainは普通に真似っこトリルが通るので勝てます。ちなみに耐久4振りダイマf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainは、A1上昇ダイアイスで乱数1発です。霰ダメや珠ダメに期待しましょう。

 

 

③対等、こっちも苦しいが相手も苦しそう

f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plain、合体f:id:kobayasisinn:20210228192322p:plain

お互いに「いやだなあ」ってなってるマッチング。こっち視点では、対f:id:kobayasisinn:20210228192328p:plainは相手のプレイングや他ポケ次第だが大体苦しい、対f:id:kobayasisinn:20210228192322p:plainはそもそも出会わないが勝率が高い、って感じです。

 

④不利

f:id:kobayasisinn:20210228192616p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192333p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192312p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainと一緒のf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainf:id:kobayasisinn:20210228235658p:plain

左から順に、

特殊高火力抜群な上トリル返しやトリル封印すな!

 

威嚇捨て台詞無効の超種族値鋼タイプはやめろ! なぜかf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainの全力噴火を耐えるな!

 

こっちの攻撃なーんも通らんし、聖なる炎で火傷さすな! 自己再生や再生力で回復すな!

 

下手にトリルしたら晴れ噴火で死ぬし、雨ごいで誤魔化しながらダイアースも確定で耐えるな!

 

ワイドガードやめろ! こっちの攻撃技ほぼ全部範囲技やねん!

 

欠点・不利な相手(上記伝説以外)

①相手のトリルエースでこっちのエースに強いやつf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190904p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plain

 後ろ2匹は威嚇捨て台詞コーチングで誤魔化せますが、f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainは無理です。あまり使用率ランクのわりにあまり遭遇しなかったのが救い。出される前にダイアースでD上げたり、こっちも出して同速勝負仕掛けたり、猫騙しで誤魔化したりで、たまに勝てる程度です。

 

 みんな、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20210228192319p:plainにはちゃんとこの亀をいれるんだぞ……。

 

②サイクルの腕が並以上相手(特にf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainがいる)

 分かりやすい動きをせざるを得ない(強いがゆえに対策されまくってるエースたった2匹でトリル中に勝負を決めなければならないから)ため、ダイアース読み飛行バック、威嚇捨て台詞サイクル、しっかり読んでの守る、などをされるとキツいです。

 

 この構築、そのせいで、3桁以上相手には圧倒的に勝率低いんですよね……。決まった時のパワーはエグいので、4桁抜けて3桁最下層に滑り込むぐらいの力はありますが、そこから上にはこちらも相当腕が無いと通用しないと思います。

 

③色々f:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114549p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831194902p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013628p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004019p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain

 要素は色々。こっちの攻撃が通りにくくて場に残って嫌なことしてきたり詰ませたりしてくる、威嚇、鬼火、トリル返し、この指とまれ、威嚇が効かない上に火力がある、めっちゃ抜群突いてくる、厄介なのに一撃で落とせない、色々嫌なことをしてくる、ワイドガード、催眠、真似っこトリルガードなど、嫌いな要素が1匹に複合しているパターンです。

 幸い、遭遇率は(中には採用率高いのもいるのに)低めでした。マッチング運に助けられて3桁に最後滑り込めた感があります。

 

④結局ガチトリルは色々キツイ

 トリルを貼れなければ負けなんですよ。

 幸い、強すぎるf:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainと、デバフ力が高すぎるf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainの2匹のおかげでトリル出来なくても勝った試合はまあまあありますけどね……。

 

 トリルやってさらにそこから上手く速攻で決めないと駄目なんですけれど、トリル対策なんて全人類採用しているし、こっちの2大エースはメジャーポケだからそれの対策だって相手は当然持ってます。

 

 上位禁止みたいなデフレ環境だとトリル中に押し切れるのでガチトリルでも構わないのですが(この記事みたいに!という宣伝)、伝説溢れる環境では無理があるように感じました。少なくとも上位では通用しないと思います。

 

 あと、ほぼ勝ちっていう最後の最後の場面でトリルが切れていた場合、相手に一回動かれてワンチャンス(急所、怯み、追加効果、一撃必殺など)を与えてしまうのもいけないですね。これで何回か泣きを見ています。

 

 トリル組むなら、それ一辺倒にならないように、上から殴れる手段も欲しいですね。

 

まとめ

 高火力ドカンドカンたーのしー!!!

 

 って感じの構築でした。マジでもう決まった時の爽快感は最高です。その分止められたときの不快感もまあまあありますが……。

 

 f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainは、単体性能で言ったら、剣盾にいる中では最強だと思います。いかんせんクソみたいなタイプのせいで環境には基本逆風が吹き荒れていますが、それを跳ねのけて使用率上位にいることからも、このポケモンのやばさが分かると思います。

 

 伝説1匹というルールは、当初こそ、「全ての構築が伝説とゆかいな仲間たちになって多様性と自由度が無くなりモチベが長続きしない」と言われていたし、僕もそう思っていた(こんな構築を環境初期から使い続けたことからもわかりますね)のですが、今のところは意外とそういう感じでもなく、伝説をサポートに据えたり、攻撃の流れを伝説依存にしていなかったりと、色々と考察が進んでいる印象です。予想に反して、結構楽しんで1か月過ごしました。まあでも3か月は流石に長すぎるかな……。

 

 で、今回使ったパーティですが、選出率は結構均等で、f:id:kobayasisinn:20210228192336p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainがトップであとは横並びって感じでした。なんとコンセプトのf:id:kobayasisinn:20200831112206p:plainがギリギリ一番低い(ポケモンあるある)ぐらいです。

 

 戦績としては、61勝39敗(数値上は45敗だが、うち6敗はサブロム用パーティを試運転した時のもの)で、勝率55%ぐらいです。うーん、普通?

 

 こういう選出率が全員高いパーティ使った時は大体最終3桁に残っているので、(パーティコンセプトや色を維持したうえでの)改善点は少ないのかな、と思います。とっても強い配信者さんに構築相談させていただいて、弱点を克服できるかもしれない案も頂いている(今期中に試すのは厳選が間に合わなかった)ので、来期はそっちでしばらくやる予定です。

 

 また、冒頭でもお話しした通り、今期はサブアカウントでも別パーティで最終3桁入りしているので、そちらの記事も投稿されたらぜひご覧ください。

 

 以上です。読んでいただきありがとうございました。

【受験】現代文読解の選択問題、本文を読まなくても解ける説【国語】

はじめに

 はじめまして、またはこんにちは。

 

 ブログタイトルの通り、普段はポケモンの構築記事を書いています。

 

 今回はポケモンと関係なく、ある説を思いついたので、その検証をしてみました。

 

 題して、

 

f:id:kobayasisinn:20210114232418p:plain

https://www.sui-generator.tech/ を使いました

※以下、説の検証っぽく、常体で書きます。 

 

 勉強や学力テスト、入試でおなじみの現代文。

 

 それにおける読解問題は、配点の中で大きな割合を占める。

 

 その読解問題の中でも、選択問題ならば、本文を読まなくても解けるのではないか、と仮説を思いついたので、検証してみることにした。

 

 なお、以下、前提条件設定、検証と各検証のまとめ、全体のまとめ、という順番になっている。前提条件部分はおそらく退屈で、各検証はとても長い。結論だけ見たい方は、目次からまとめに飛ぶと良いだろう。

 

 

 

なぜ本文を読まずに解けると考えたか

 ご存知の通り、現代文における読解問題は、「書かれている本文を正しく読めるか」を問われている。本文を読まずに解くという行為は、当然、本義に反する。

 

 それにそもそも、本文を読んで答える問題なのだから、本文なしで解くなど、不可能と考えるのが自然である。

 

 しかしながら、選択問題に限っては、そうとも言えないのではないか。以下に根拠を示す。

 

①問題文には傍線部という大きなヒントがある。

 

 多くの現代文の読解問題は、各問題ごとに傍線部が割り当てられ、それについて答える問題になっている。

 

 つまり、問題文には、その問題を解くにあたって一番重要となる本文の一部が書いてあるのである。

 

 これは本文全体からすればごく短いが、しかしながら大きなヒントだ。

 

②各問題は、同じ文章についての問題である。

 

 問題単品だと、例えば全体の論旨を問う問題などはまず本文なしで答えられない。

 

 しかしながら、一つの大問に複数小問がある場合、一つの本文に対して複数の問題があるのである。

 

 これらは一つの本文について述べられている以上、それらを関連して考えれば、全体像がある程度浮かび上がってくるのだ。

 

 また、問題になっているということは、そこが本文の要点である可能性は高い。選択肢の中にある正解の文は、本文を正しく簡潔に、言い換え、または要約した文である。これらをつなぎ合わせれば、本文に近い情報が得られるのだ。

 

③正解以外の選択肢は、割と滅茶苦茶なことが書かれる傾向にある。

 

 他の科目と違い、現代文読解における選択問題は、選択肢を作るのが難しい。

 

 選択問題は、学力を測る問題としての役割を果たすには、不正解の選択肢をある程度紛らわしくしなければならない。

 

 これについては、数学なら数字を、理科や社会なら学問的に分かっている事実(または確度の高い説)を、正しいものから少し弄れば良いだけだから比較的簡単だ。

 

 例えば社会ならば、「藤原道長外戚関係で権力基盤を安定させ、関白の地位についた」というように、紛らわしい不正解の選択肢を作るのは容易である。

 

 しかし現代文読解はどうだろうか。

 

 文章を読んだとして、それについて個人がどう読み取るかは、千差万別である。受験問題ともなれば何万人もの受験者がいることもあるのだから、「本文を正しく読んだ正解」は、万人が納得できるものでなければならない

 

 そして、似たことは不正解の選択肢にも言える。

 

 その選択肢が「正しくない」ということもまた、万人に理解できる普遍的なものでなければならないのだ。

 

 つまり、現代文読解の選択問題における間違った選択肢は、絶対的明らかに間違っているものでなければならないため、本文から大きく外れた滅茶苦茶な内容になりがちなのである。

 

 本文を読まずとも、滅茶苦茶なことを言っている選択肢にはどこか違和感が生じるし、正しい選択肢は違和感を覚えにくい。

 

 これをヒントに選択肢を選べば、正解できるのではないだろうか。

 

④子供に解いてもらう問題に、変なことは書けない。

 

 仮に受験問題で、世間一般の道徳・倫理・常識から大きく外れた問題を出したらどうだろうか。大クレームは必至である。

 

 また、問題作成者は教育の道を歩んできた、教育熱心な大人である。

 

 そんな中で果たして、不道徳、非倫理的、非常識な選択肢を正解にするだろうか。

 

 おそらく大体の場合、そうはしない。むしろ、本文も、それを正しく読みとった正解の選択肢も、常識外れではない、さらにいうと道徳的なものを作問者は用意する可能性は高い。

 

 これらを根拠として、本文を読まずに問題が解けるのではないかと考えた。

 

 ③④に至っては、作問者の事情を踏まえた盤外戦術・邪道ではある。しかし、実際に受験テクニックの一つとして使われている。僕のようなアルバイト塾講師(実家暮らしフリーター)がこれらを言い出しても説得力皆無だが、受験界隈で受け継がれてきたのだから、説得力もあろう。

 

 

ルールや検証方法

①どこを読んでよいか

 現代文読解の問題には、以下のことが書かれていることが多い。

 

A・大問→例・以下の(○○について述べた)文章をよく読み、次の問題に答えよ。

B・本文

C・作者名・タイトル→大問に書かれているか、本文末尾に書いてある場合が多い。

D・脚注

E・小問→例・問1 傍線部(ア)について述べたものとして、次の選択肢から最も正しいものを選べ。

F・選択肢

 

 説にそぐわすためには、E・Fは必須で、逆にBは絶対に読んではいけない。

 

 また、個人的に、タイトルは本文の一部だと考えているので、そこを読むのも今回はできるだけ避けたい。しかし末尾に書いてあるパターンだと、小問が書いてあるページに書かれている場合もあるので、やむを得ず見てしまうこともある。今回は検証の再現性を上げるため、仕方なく可能とする。

 

 また、Aはあまり影響がないから、DはCと同じ理由で、読んでよいものとさせてほしい。

 

 よって、ACDEFを読んで良くて、Bのみ読んではいけないものとする。

 

②どんな小問を解くか

 

 さすがに記述問題は、本文を読まないとほぼ絶対に無理だ。選択問題に近しい本文書き抜き問題も、近い言葉は書けるだろうが、本文と全く同じ言葉は流石に無理なので、解く対象としない。

 

 また同じ選択問題でも、センター試験大問1の漢字や、大問2の語彙問題、といった類は、本文はあまり関係ないので除外する。

 

 さらに、穴埋め問題(接続詞を埋める問題など)も、さすがに小問と選択肢だけでは解答の根拠が少なすぎるので除外する。

 

 逆に、これら以外の、いわば一般的ともいえる読解選択問題は、解く対象とするべきであろう。

 

③どんな大問を解くか

 

 現代文読解の本文には、大きく分けて3種類ある。

 

 説明的文章、文学的文章、随想文だ。

 

 随想文は、説明的文章と文学的文章の間的な位置づけをよくなされる。

 

 本文を読まないで解くとしたら、先述の通り、選択肢同士の論理のつながりが重要であるため、文学的文章と随想文は不可能に近い。もしかしたら可能かもしれないが、僕はそこまでハイスペックな人間ではない(Fラン私大卒実家暮らしフリーター)。今回の縛りで一番簡単な説明的文章に限定させていただきたい。

 

 もしかしたら後日文学的文章編を上げるかもしれないが、結果は言わずと知れているだろう。

 

④どの問題を解くか

 

 現代文という括りで言えば、まず思い浮かぶのはセンター試験だろう。または話題の大学入試共通テストだ。

 

 しかしながら、センター試験は、傍線部が短い傾向があり、解答のヒントが少なすぎる。大学入試共通テストは、この記事を書き始めた時にはまだギリギリ始まっていない。

 

 他の大学入試(各大学の問題)ならどうかと考えたが、一番メジャーな国公立は記述式が多く、私大のものはネットから無料で探しにくい。あとそもそも、僕はFラン私大出身なのだから、本文を読んですら悲惨な成績になるので、検証にならない。

 

 そこで今回は、比較的手に入りやすく、問題も平易で意地悪な選択肢が少ない(つまり判断がしやすい)であろう、各県で実施されている公立高校入試を対象とする。

 

 その中でも今回は、僕が働いている塾がある、神奈川県のものを、慣れているということで選ばせていただきたい。

 

 そういうわけで、今回対象とするのは、神奈川県公立高校入試問題の、平成31年度・令和2年度の追検査問題とする。なお本試験問題にしない理由は、仕事のためにすでに解いてしまっているからである。

 

 それでは、検証を開始する。

 

検証① 平成31年度問題

平成31年度 共通選抜 学力検査問題 - 神奈川県ホームページ

 まずはこちらの追検査に挑んでみるものとする。

 

 先述の部分で読んでよい部分と読んではいけない部分を長々書いたが、そもそも著作権の都合でネットに上げる問題に関しては本文が隠されている。説の検証がしやすいのでありがたい。

 

 説明的文章は、大問4だ。解いていこう。

 

f:id:kobayasisinn:20210115003233p:plain

 

 早速、小問(ア)では穴埋め問題が出てきた。今回は飛ばそう。

 

小問(イ)

「岩壁という困難に対して肉体一つで向かいあったとき、その人は自由になれるのである。」 とあるが、それを説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 フリークライマーは人工登攀に対する反発の気持ちを表現するため、世界中のどんな場所であっても登攀しているという意味で自由だということ。

 

2 フリークライマーは道具を使わずに己の肉体のみで岩壁を登るため、自分の能力以外の何にも制約されずに登攀しているという意味で自由だということ。

 

3 フリークライマーは登攀できないような岩壁はそもそも対象としていないので、失敗を恐れずにの びのびと登攀しているという意味で自由だということ。

 

4 フリークライマーは自分の肉体と精神を極限にまで高めているので、道具以外の手助けを受けることなく登攀しているという意味で自由だということ。

 

 選択肢を見るに、「フリークライマーが自由である」と述べているらしい。問題文の「岩壁という困難に対して肉体一つで向かいあったとき、その人」とはフリークライマーの事であろう。

 

「肉体一つ」という表現から、道具を使うことは考えにくい。よって選択肢4は「道具以外の手助けを受けることなく登攀している」の部分が間違いである。ちなみに、こうした選択問題で、部分部分(句読点ごとが主流)で分けて分割箇所ごとに検討する消去法は、実際の試験でも非常に有効なので、試してみてほしい。

 

 選択肢3「フリークライマーは登攀できないような岩壁はそもそも対象としていないので」の部分は、実際どうであるかはわからないものの、フリークライマーを露骨に「妥協した存在」として書いているので、非倫理的ではある。正解の可能性は低い。

 

 選択肢1「世界中のどんな場所であっても登攀している」の「どんな」は、典型的な「かなり強い表現」である。「必ず」「絶対」などはそうそう論理的に断言して言えるものではない。そのため、不正解の選択肢に入れる言葉として使われがちである。正解の可能性はやはり低い。

 

 選択肢2は、これといって違和感やあからさまな間違いは感じない。「道具を使わずに己の肉体のみで岩壁を登る」という表現も、「肉体一つ」という傍線部の表現に合致している。

 

 この問題は、2が正解と判断した。

 

 

小問(ウ)

「圧倒的な生の手応え」とあるが、それを説明したものとして最も適するものを次の中から 一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 誰からも干渉や指示などされないで、自分の思うまま勝手に生きることができるということ。

 

2 参照すべき前例や方法論がないので、都合よく自分の人生を決めることができるということ。

 

3 管理された秩序に守られることで、安定した自分なりの生活を築くことができるということ。

 

4 すべて自分で判断することで、自分だけの充実した生を実感することができるということ。

 

 問題同士で関連しあっている、と先述したが、実はすべてが同じ論理で貫かれていると考えるのは危険である。

 

 世に出ている説明的文章のほとんどは、話を分かりやすくするため、「伝えたいことの反対に位置する比較対象」を用意していることが多い。典型で言うと、西洋と東洋(日本)、昔と今、都市と農村、などだ。

 

 例えば、「1問目で問われているのが本文における都市について、2問目で問われているのが本文における農村について」というパターンなら、一貫した論理ではなく、逆の方向性が正解になる可能性が高い。これを利用して、どちらについて述べられているかを判断し、本文に直線と波線を書き込んで分ける、という受験テクニックもある。

 

 しかし、今回の縛りでは、作者の読みやすくしようという工夫も、この受験テクニックも、あまり意味がない。同じ話をしているか判断するには傍線部が重要だが、今回は短いため判断しにくい。

 

 仕方がないので、少ないヒントから判断していこう。

 

 小問(イ)で、「フリークライマーは道具を使わず肉体一つで岩壁に挑むから自由」のようなことが書かれていた。これの比較対象を上げるとすれば、「道具を使う登山」「便利なものに囲まれた安心生活」「何かしらの不自由」あたりが考えられる。これらは、他思いつくものも含め、どうにも、「圧倒的な生の手応え」と強い表現に適うものはない。

 

 むしろ、フリークライマーのような危険なものだからこそ、「圧倒的な生の手応え」を感じるという、いかにもありがちな論理の可能性が高い。

 

 そうなると、選択肢3は除外できる。選択肢1と2はそれぞれ「自分の思うまま勝手に生きることができる」「都合よく自分の人生を決めることができる」が、イヤミな表現に見えて、フリークライマーから繋がる「圧倒的な生の手応え」には噛み合わないように思える。これが世捨て人や隠居老人だったらあり得るだろうが、今回は違う。

 

 一方、選択肢4は、これといってマイナス点はない。消去法で、4を正解としよう。

 

 次の小問(エ)は記述なので飛ばそう。

f:id:kobayasisinn:20210115010735p:plain

 

小問(オ)

線4「システムの管理下におかれたほうが心は落ち着くだろう。」とあるが、その理由として最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 システムとは、苦しくてわずらわしいことを人に強制はするが、同時にそれらの経験を通して未知と混沌の世界を生き抜く力を与えてくれるものでもあるから。

 

2 システムとは、人の行動や思考に干渉はするが、不安定な自由状態の中で自分が下した決断に対して責任がはねかえってくることを防いでくれるものでもあるから。

 

3 システムとは、人の自由な生き方を制限はするが、同時に一瞬の判断や動作をいちいち考える必要がなくなり新たな自由の可能性を開いてくれるものでもあるから。

 

4 システムとは、何事かを判断する際に人を束縛はするが、同時に予測不能な事態に自分一人の力で立ち向かうという極度の緊張を軽減してくれるものでもあるから。

 

「システムの管理下」という表現が、これまでの部分とはかなり雰囲気が違ってくる。これは先述の「比較対象」のパターンと判断できよう。

 

 そうなると、これまでの反対として思い浮かぶのは「安心」「生の実感が薄い」「不自由」「道具登山」あたりだろうか。こうした場合、「安心」のようなものは、一般的にはプラスでも、どこか批判的なニュアンスを含む場合が多い。

 

 しかしこの選択肢は、結論部分のどれもがかなり肯定的である。それでいて、前半部分では、全ての選択肢で「不自由」に合致する表現がある。これはこの縛りでは難問だ。ここまで肯定的表現が並ぶと、今までの予想に反して、「システムが作者の述べたいこと、フリークライマー的な何かが比較対象」とすら思えてきた。

 

 とはいえ、ここはこれまでの姿勢を貫き、冷静に判断したい。

 

 ここで注目するのが、小問(イ)で述べられたフリークライマーの「肉体一つ」「道具を使わずに己の肉体のみ」という表現である。これの反対の意味を唯一もつのが、選択肢4「予測不能な事態に自分一人の力で立ち向かうという極度の緊張を軽減してくれる」という表現だ。対比としてこれが一番近いと言える。

 

 よって、ここでは、やや根拠が薄いが、4を正解としておこう。

 

 ちなみに今回のように、正解を直接選んで他の選択肢の否定材料を探さないのは、本来のテストにおいては正道かつ時間がかからない方法ではある。しかし、後まで不安が付きまとうし、見直しで自分の考えた正解の根拠を追いにくいので、余裕があれば、他選択肢を可能な限り潰しておくのが良い。

 

小問(カ)

線5「現実には自力や自由には制約がある。」とあるが、それを説明したものとして最も適する ものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 モノや過剰なやり方を用いず、すべてを自力でおこなうことで完璧な自由を享受しようとしても、現実の場面においては、自覚のないままそれらを採用してしまっているということ。

 

2 すべてを自力でおこなうことで、究極の自由を実現しようとしても、人間の開発したさまざまなモノややり方を排除することには限界があり、それらに頼らざるを得ないということ。

 

3 システムの管理が届かない領域に逃れ、自力で命を統御することで完璧な自由を達成しようとしても、実際は前例やマニュアルが存在し、それらを参照することになるということ。

 

4 システムの内側にとどまったまま、自力で命を統御することで究極の自由を獲得しようとしても、現実の場面においては、それらを両立させていくことは不可能であるということ。

 

 これも今回の縛りでは難問だ。恐らくこの後に例え話を入れたうえで改めて言い換えた形で同じことを述べ、そこが正解の根拠になるのだろうが、今回はそれが読めない。本文を、活字を、読めるというのは、幸せなことなのである

 

 とはいえ、哲学的な話は、問題には関係ない。本文を読まないという最低の愚行をしていてこういうのもなんだが、読解問題において個人の情緒や考えはノイズでしかないのである。

 

 選択肢3の「前例やマニュアル」というのは、これまで見ない表現だ。特に「マニュアル」はこれまでに比べ具体的な言葉である。疑問符をつけたい。

 

 選択肢4システムの内側にとどまったまま」が疑問である。「自力や自由に制約がある」の「自力や自由」は、これまでの「フリークライマー的な何か」について述べていると考えるのが手持ちの情報では自然だ。「フリークライマー的な何か」は、前提部分に出すほど「システムの内側にとどまったまま」とは言えない。選択肢1や2のように、『実際は「システムの内側にとどまったまま」だ』と言われるのならまだわかるが、この選択肢は不自然だ。

 

 選択肢1・2は、判断がつかない。「自由」を目指しても、「システム的なもの」について、「自覚のないまま採用してしまう」か「それらに頼らざるを得ない」、という点で大きく違うため本文を読めば一目瞭然なのだろうが、今回は読んではいけないのである。

 

 もしかしたら後の問題でヒントがあるかもしれない。保留しておこう。

 

小問(キ)

線6「冒険の世界で自力という観念が尊ばれる」とあるが、その理由として最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1予見できない危険に満ちた自然に自分の判断や身体行為だけで臨むことは、危険度が増して目的の達成は難しくなるが、そのぶん得られる自由は大きくなるから。

 

2 道具を用いずに自分の肉体のみで人智のおよばない自然に向かっていくことは、それだけ困難な行為ではあるが、無垢で手つかずの自然に触れることができるから。

 

3 道具を用いずに自分の肉体のみでシステムの外側にある自然に飛び出すことは、安全な日常の生活を捨てることにはなるが、気ままに生きることが許されるから。

 

4 自分の判断や身体行為だけで不安定な自然に対峙することは、命を統御する過程への関わりは減るが、それと引き換えにより大きな自由を得ることができるから。

 

 結局のところ、この本文では、言ってしまえば「フリークライマー的なもの」には「不自由(不便、危険、システム外の自然的制約)があるからこその自由がある」ということを述べているのだ。問題の位置的にも終盤の本文結論に近い部分に傍線部があることが予測されるため、これまでの問題のまとめと見て良いだろう。

 

 まず結論部分に自由要素が薄い選択肢2は除外。選択肢3「気ままに生きることが許される」は否定的ニュアンスがあるので除外。

 

 選択肢1・4は迷いどころだ。それぞれ「目的の達成」「命を統御する過程への関わりは減る」が意味が分からない。

 

 そこで思い出すのが、これまでの問題との関わりだ。

 

 小問(カ)で真っ先に切った不正解と思われる以下の二つを見てみよう。

 

システムの管理が届かない領域に逃れ、自力で命を統御することで完璧な自由を達成しようとしても、実際は前例やマニュアルが存在し、それらを参照することになるということ。

4 システムの内側にとどまったまま、自力で命を統御することで究極の自由を獲得しようとしても、現実の場面においては、それらを両立させていくことは不可能であるということ。

 

 真っ先に切ったものの、不正解とした根拠はそれぞれ「前例やマニュアル」「システムの内側にとどまったまま」である。「自力で命を統御することで究極の・完璧な自由」は否定していない。この部分は「フリークライマー的な何か」について述べているものであるため、今回の小問(キ)が述べてる対象と同じである。

 

 そうなると、選択肢4の「命を統御する過程への関わりは減る」は真逆の事である。

 

 よって、正解は1であろう。

 

小問(ク)

本文について説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 何も参照物のない「システム」の中で、すべてを自分で引き受けなければならない自由の厳しさについて、自由という言葉から想起される一般的なイメージにも触れながら論じている。

 

2 無意識に人間の行動や思考を方向づけている「システム」について、すべてを自分で判断しなけれ ばならない冒険における自由についての考察を通して、その意義を再評価して論じている。

 

3 冒険における自由とはすべてを自分で判断することによって得られるものだと説明した上で、行為の困難さと内容の充実度との関係を、「脱システム」という概念を用いて論じている。

 

4 理想的な冒険のあり方とは「脱システム」してすべてを自力で判断することだと述べた上で、モノ や過剰なやり方に頼らざるを得ない現状を、自分の体験を交えて肯定的に論じている。

 

 説明的文章の最後は、「本文について説明したものを選べ」という、全体的な内容についての問題が出されがちである。「問題を先に読んで必要な部分だけ本文摘まみ読み」というテクニックへのアンチテーゼともいえるが、ぶっちゃけ、これも各選択肢に応じた部分だけ読めば短い時間で正解できてしまう。

 

 とはいえ、今回は本文が読めない。これまでの問題を通して全体の論理を読み取っていこう。

 

 さて、これは神奈川県の中学生が解く、比較的平易に作られた問題である、という前提がある。そうなると、全体に根差していないが本文の細かい一部分について述べていてしかも正しい選択肢である、という意地悪はないと見てよい。

 

 よって、これは本文の特徴を答えるのみならず、全体の論旨を問う問題でもある。

 

 一瞬自信をなくしていたが、やはりこの本文は、「フリークライマー的なもの」には「不自由(不便、危険、システム外の自然的制約)があるからこその自由がある」というありがちなことを述べている、というのが本文以外から推察できる。本文を読まずにこんなことを言うのは作者への冒涜甚だしいが、許していただきたい。

 

 となると、そちら系統の自由を肯定し、反対方向「システム的な何か」を否定していると考えるべきである。

 

 よって、選択肢2・4はそれぞれ「無意識に人間の行動や思考を方向づけている「システム」について、~その意義を再評価」「モノ や過剰なやり方に頼らざるを得ない現状を、自分の体験を交えて肯定的」が間違いであろう。

 

 選択肢1は「何も参照物のない「システム」の中で」が間違いだと思われる。「システム」はこれまでの問題では参照物的なものとして捉えていたからだ。しかし「システム」と鍵括弧で括られているのは気になる点である。もしかしたら、機械的・文明人間的なニュアンスを感じる一般的な「システム」と対極の、自然的・野性的な「システム」について述べていたことも考えられる。

 

 ただそうなると「脱システム」が、両方から離れることになり、何について述べているのかもはや本文なしでは収拾がつかない。ここは深く考えずこれを間違いとして、これといってケチをつけられない選択肢3を正解としよう。

 

 さて、宙ぶらりんなのは小問(カ)だけだ。もう一度問題と候補選択肢を振り返ろう。

 

線5「現実には自力や自由には制約がある。」とあるが、それを説明したものとして最も適する ものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 モノや過剰なやり方を用いず、すべてを自力でおこなうことで完璧な自由を享受しようとしても、現実の場面においては、自覚のないままそれらを採用してしまっているということ。

 

2 すべてを自力でおこなうことで、究極の自由を実現しようとしても、人間の開発したさまざまなモノややり方を排除することには限界があり、それらに頼らざるを得ないということ。

 

 困ったことに後の問題にも明確なヒントは見つからなかった。仕方がないので、なんとか理由をつけることにする。

 

 選択肢1に比べ2には「限界があり」「頼らざるを得ない」など、明確な「制約」と近似した表現がある。

 

 また、小問(キ)線6「冒険の世界で自力という観念が尊ばれる」より、この本文のまとめ的な一文に「自力」があるのも注目したい。

 

 よってやや苦しいが、小問(カ)は、2を正解とする。

 

解答のまとめ

(イ)2(ウ)4(オ)4(カ)2(キ)1(ク)3

 

模範解答

(イ)2(ウ)4(オ)4(カ)2(キ)1(ク)3

 

平成31年度問題・まとめ

 

 

全問正解するんかい!!!!!!!!

 

 

 

 一部受験テクニックとしてとてもためになる方法論もあったが、とはいえ、本文を読まないで全問正解できてしまうのは、いくらなんでも冒涜的である。

 

 活字離れや長文読解力低下が著しいと、事実はどうあれ言われている昨今。インターネットでは、「ニュースはタイトルだけでなく本文をよく読もう」が教訓になり、相手の言うことをまともに読まない匿名やましてやなぜか政治家や芸能人がレスバを繰り広げる地獄絵図。

 

 そんな中で説明的文章の読解問題は、重要視されてしかるべきだ。

 

 しかし残念なことに、本文を一切読まず、断片的な情報(傍線部)、外付けの情報(選択肢)、ある種の外道(受験テクニック、メタ読み)で、全問正解できてしまった。

 

 これでは現代文読解の本義に示しがつかない。ここは次に解く、令和2年度追検査問題に頑張ってもらおう。全部の問題を分析している真面目な同僚が、この年の追検査は全体的に難しかったと言っていたので、期待は十分だ。

 

検証② 令和2年度問題

令和2年度 共通選抜 学力検査問題 - 神奈川県ホームページ

 

 全体をざっと見まわしてみると、なんと平成31年度問題と、全く同じ構成だ。小問が始まるページと終わるページが一致し、しかも問題数や問題の配置まで同じときている。これを実現するには、問題の長さが露骨に違うと不公平なので本文の長さを同じにするようにも気を配らなければならない。並々ならぬ努力である。

 

 しかしながらこの検証は本文を読まず、そうした努力を無に帰してしまうものだ。なんとも罪深いものである。

 

 では、解いていこう。

f:id:kobayasisinn:20210115124311p:plain

 

 まず目につくのは、注にある、哲学や学術用語っぽい横文字の数々だ。これを見るだけで「うげえ」となる子供も多いが、注がわかりやすくついているのだから、むしろ喜んで然るべきである。

 

 小問(ア)は穴埋めなので飛ばそう。

 

小問(イ)

線1「近代より前とそれ以降では美的経験の質が大きく変化している。」とあるが、それを説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 近代より前の時代には、美は普遍的なものであると認識されていたが、近代以降は個人の経験や感じ方によるものと考えられるようになったということ。

 

2 近代より前の時代には、神により絶対的な美というものが作り出されていたが、近代以降は人間も美を作り出そうと挑戦するようになったということ。

 

3 近代より前の時代には、人びとの総意をもとに美は決定されていたが、近代以降は権威のある人によって一方的に決められるものになったということ。

 

4 近代より前の時代には、美というものを個人が自由に判断することができていたが、近代以降は客観的な事実をもとに判断するものになったということ。

 

 いきなり難しい。恐らく「美」をテーマにして、近代以降と近代以前の違いについて述べている文章があるのだろう。

 

 本文があれば簡単なのだが、ここは本文が無いため、ある程度歴史的な知識・事実を持ち込まなければならない。

 

 ちなみに、現代文にしろ英語長文にしろ、読解問題は、ある程度その本文のテーマについて前提知識があれば、ぐっと解くのも読むのも楽になる。ただし、あくまでも本文に即した解答が重要であり、持ち込んだ知識が仇になりかねないことには注意が必要だ。

 

 それはさておき、本文が無いので、知識を使うほかないだろう。

 

 しかしながら、当然、美学の世界を僕は知らない。というわけで、近代以前・以降のなんとなくのイメージから進めていこう。

 

 近代以降・以前のイメージ的な違いとして、近代以降は、個人主義、客観的、論理的、科学的、人権、法の支配、が主流のように思える。そして、イギリスの革命のように、絶対的な集中権力(王・神的なもの)が否定される時代でもある。実際各国で事情は異なるが、大体こんな理解で良いだろう。

 

 そうなると、選択肢3「近代以降は権威のある人によって一方的に決められるものになった」はまずありえない。

 

 また、選択肢3「近代より前の時代には、神により絶対的な美というものが作り出されていたが、近代以降は人間も美を作り出そうと挑戦するようになった」も、近代云々関係なく間違いだ。近代以前も美術品は多く存在している。

 

 選択肢1・4は迷いどころだ。「近代以前・以降」で、それぞれ「支配的な考え方・個人主義」「主観的・客観的」と綺麗な対比が出来ている。これはこの段階では判断しにくいので、後の問題をヒントとしたい。保留しておこう。

 

 いきなり保留問題が出てしまった。先行きが不安である。

 

小問(ウ)

線2「この作品は美しい、素晴らしいという美に関する判断は、個別的・主観的な感情の発露だけに還元することはできない」とあるが、その理由として最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 美的判断には、個人の感じ方だけではなく、神の知性の影響を受けることも想定されているから。

 

2 美的判断は、個々の好みだけによるものではなく、客観的であることも重視されているから。

 

3 美的判断には、個人の感性だけによるものではなく、無意識に他者の共感も想定されているから。

 

4 美的判断は、個々の主体的な経験だけではなく、普遍的な根拠や法則も重視されているから。

 

 ここは先ほどと違い、傍線部も選択肢も全てが、「美」について、「個人的主観的・客観的普遍的」の対比構造を作っている。

 

 まず、選択肢1「神の知性」が意味不明だ。小問(イ)にもいたが、「神」、お前は何者なんだ。これは除外しよう。

 

 それと選択肢4は一見正しく見えるが、「個別的・主観的」を勝手に「主体的」に言い換えている。類義とは言えないので、これも除外できる。

 

 選択肢2・3は迷いどころだ。これといってケチはつけられない。もし2が正解だったら、宙ぶらりんな小問(イ)の答えが、同じ論理である4が正解になる、と自動的に決まるので楽なのだが、いくらなんでも希望的観測すぎる。

 

 ここもいったん保留したい。

 

小問(エ)

 記述なので飛ばしたいが、保留が2個出ている以上、ヒントになりそうなので目を通しておこう。

 

 カントは聞いたことがある。多分近代または近代に近い時代の哲学者だろう。『いちばんやさしい哲学の本』を読んだ記憶がそう言っている。なお数か月前に流し読みした記憶なので多分滅茶苦茶だ。文学部出身なのに哲学はてんで勉強しないカス大学生だったツケがこんなところでやってくるとは思わなかった。

 

 アーレントについては聞いたことが無い。FFの主人公みたいな名前だが、多分哲学者だ。説明的文章に出てくる横文字人名は大抵哲学者なのである。多分。

 

 とりあえず、穴埋め対象となる文章を見ていこう。

 

アーレントは、カントによる美的判断論の根底にある、他者の立場から自身の判断を反省するという「空欄1」 を行う能力を呼び起こし「空欄2」することが、政治哲学にもつながっていると捉えている ということ。

 

 穴埋めは無理だが、大きなヒントが書かれている。

 

「美的判断論の根底にある、他者の立場から自信の判断を反省する」という部分だ。やはり、作者は、「美」に関して、個人の感性によるという世間の風潮に対し、「現状は意外と客観性が求められている」的なことを言いたいのだろう。

 

 そうなると、保留したうちの小問(イ)は、選択肢4が正解だ。また小問(ウ)は2が正解である。

 

 平成31年度問題では無視した記述問題も、場合によっては大きなヒントになり得るようだ。これは大きな収穫である。

 

f:id:kobayasisinn:20210115131753p:plain

 

小問(オ)

線4「昨今の芸術祭流行りもこの流れに棹差している」とあるが、それを説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 現代は共通の認識を持てず先を見通しにくい時代であるので、美を味わうことを通して人びとが感覚を共有する場となることが、芸術祭に対して期待されているということ。

 

2 現代は共同体のなかで個性を出すことが難しい時代であるので、美に触れることで個別的な感性を豊かにする場となることが、芸術祭に対して求められているということ。

 

3 現代は容易に他者とつながり合える時代だからこそ、美に触れることを通して他者と共鳴する喜びを感じさせる場となることが、芸術祭に対して期待されているということ。

 

4 現代は普遍的な視点が必要となる時代だからこそ、美を味わうことで人びとのなかに画一的な基準を作り出す場となることが、芸術祭に対して求められているということ。

 

 現代文読解は、「この」のような指示語(こそあど言葉)を利用するというのが基本テクニックである。傍線部、または傍線部を含む一文に指示語があったら、問題に関係ある可能性が大きいので、その指示語が指す部分を探すのが正解への近道と言える。

 

 とはいえ今回は本文が読めない。「この流れ」ってなんやねん、という状態で選択肢を選ばなければならない。

 

 まず絶対に選んではいけないのが選択肢3だ。「容易に他者とつながり合える時代だからこそ、美に触れることを通して他者と共鳴する喜びを感じさせる場」が求められてるなど、意味不明すぎる。

 

 また選択肢2「現代は共同体のなかで個性を出すことが難しい時代である」の部分もおかしい。近代以降、現代は個人主義の時代であるというのは先述の通りである。「日本は出る杭がうたれる社会だ!!!」などと分かったような分からないようなことが叫ばれる昨今ではあるが、その根底にあるのは「前時代的」という批判であり、このことに関して「現代は」と名指しで現代が批判されてしまうのは冤罪である。

 

 選択肢1・4はどちらとも判断がつかない。これといってケチはつけられないから困ったものである。強いていうなれば、選択肢4「画一的な基準」という言葉が、かなり刺々しくて、これまでの正解の選択肢から浮いているように感じる。

 

 根拠が薄いが、1が正解としておこう。

 

小問(カ)

線5「そうしたテーマを掲げる芸術祭やアート・プロジェクトが今日の日本では増殖している」 とあるが、そのことについて筆者はどのように述べているか。それを説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 芸術に社会が抱える課題を解決する効果があるのは明白だが、「神頼み」や「アーティスト詣で」の本質から離れないためには鑑賞以外の目的を持たせるべきではない。

 

2 社会が抱える課題は本来芸術とは全く関係のないものであり、「神頼み」や「アーティスト詣で」がさまざまな問題の解決のきっかけになると期待しても意味がない。

 

3 社会が抱える課題は芸術と密接に関係しているため、形だけの「神頼み」や「アーティスト詣で」 であると批判されたとしても解決に向けて努力し続けるべきである。

 

4 芸術には社会が抱える課題を解決する効能があると期待されているが、単なる「神頼み」や「アーティスト詣で」になっていないかについて十分な検討が必要である。

 

 これも傍線部に指示語がある。解き方が明確な優しい問題だ。本文が読めれば楽勝なのだろうと思うと、「なんでこんなことをしているんだろう」という気持ちがよぎる。

 

 それはさておき。

 

 説明的文章の作者は、現状を憂いているからこそ、わざわざ長々と文章を書く、というのが通例だ。この検証記事も、ただの悪ふざけだが、それですら「本文を読まなくても解けるのでは」という世間の常識に反する問いが生まれたから検証しているのである。

 

 そうなると、「今日の日本では増加している」と作者が考えているものを、肯定的に書くかは微妙である。

 

 よって、選択肢3は肯定的にとらえているので、不正解だろう。

 

 他3つの選択肢を比べると、選択肢1・3が芸術と社会が抱える課題の関係の存在を肯定していて、2はすっぱり切り捨てている。「美」に関して説明的文章を書き、公立高校入試に採用されるほどの人が、果たして芸術と社会課題の関係を切り捨てるかと言うと、いまいち頷けない。個人の感性による判断だが、ここは選択肢2を不正解と判断したい。

 

 また選択肢1も意味不明である。「「神頼み」や「アーティスト詣で」の本質から離れないためには鑑賞以外の目的を持たせるべきではない」、というのは奇妙なことだ。「神頼み」「アーティスト詣で」は芸術を純粋に楽しむという行為からは離れているものであり、「そこから離れないために鑑賞以外の目的を持たせるべきではない」というのは矛盾しているだろう。

 

 一方選択肢4はツッコミどころもなく、結論も穏当な軟着陸をしており、いかにも公立高校入試で採用されそうな優等生的内容だ。

 

 これの正解は4以外あり得ない。

 

小問(キ)

線6「カントからアーレントへの流れに即して芸術を捉えることは一面的な見方に留まるおそれがある」とあるが、その理由として最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 カントやアーレントの考えに基づいた美的判断は、人びとに対して主観的な考え方をするように意識させるあまり、共同体が持っている役割を見失わせてしまうこともあるから。

 

2 カントやアーレントの考えに基づいた美的判断は、人びとに対して美的経験が持つ効果を注目させるあまり、破壊的な性質が内在していることに気づかせないこともあるから。

 

3 カントやアーレントの考えに基づいた美的判断は、人びとに対して他者と共有することを意識させるあまり、芸術が本来目指すべき方向性を見誤らせてしまうこともあるから。

 

4 カントやアーレントの考えに基づいた美的判断は、人びとに対して作品の美の側面を注目させるあまり、他者も美を感じるものだという前提を忘れさせてしまうこともあるから。

 

 カントやアーレントは、小問(エ)で出てきた名前で、「その流れ」(=思考の流れ)が問題になっている。小問(イ)(ウ)で連続保留を出したせいで苦し紛れに触った小問(エ)が役に立ちそうだ。穴埋め分をもう一度見返そう。

 

アーレントは、カントによる美的判断論の根底にある、他者の立場から自身の判断を反省するという「空欄1」 を行う能力を呼び起こし「空欄2」することが、政治哲学にもつながっていると捉えている ということ。

 

 繰り返しになるが、この論旨は「『美』には客観的側面があり、他者の立場から自分の判断を反省することにもつながり、それが政治哲学にもつながる」というものだ。

 

 よって選択肢4の「他者も美を感じるものだという前提を忘れさせてしまうこともある」は真逆のことを言っているので除外できる。

 

 また選択肢1の「カントやアーレントの考えに基づいた美的判断は、人びとに対して主観的な考え方をするように意識させる」も逆方向だ。不正解である。

 

 選択肢2の「破壊的な性質を内在」というのはこれまでから全く読み取れない謎の言葉だ。「芸術は爆発だ」という有名な言葉があるが、それに関係するものだろうか。何はともあれ、否定材料はないが、積極的に正解と肯定できるものでもない

 

 一方選択肢3は、「人びとに対して他者と共有することを意識させる(客観的な「美」と他者の立場から見た自己反省)あまり、芸術が本来目指すべき方向性を見誤らせてしまうこともある」が、論旨に適している。

 

 こうなってくると、小問(イ)を見た時の解像度が上がってくる。

 

「美」には客観的側面があり、哲学者もそう言っていて、近代以降その面が肥大し、芸術祭には感覚享有の場となることが期待され、それを見た作者は「単なる神頼み・アーティスト詣でになっている」「芸術が目指すべき方向性を見誤らせてしまう危険性がある」と批判している。

 

 こうした流れを見ると、小問(イ)の正解であろう選択肢4「近代より前の時代には、美というものを個人が自由に判断することができていたが、近代以降は客観的な事実をもとに判断するものになったということ。」というのは、「作者が近代以前・以後を対比して、近代以前に良さを見出している」という、典型的な近代以前・以後の対比構造になっていることがわかる

 

 終盤になって序盤の意味が分かってくるというのは、文学作品なら絶頂物の快感だ。本文作者と作問者は、オタクのツボがよくわかっている人なのかもしれない。

 

 話がそれたが、小問(キ)の正解は3である。

 

小問(ク)

本文について説明したものとして最も適するものを次の中から一つ選び、その番号を答えなさい。

 

1 美的判断が持つ汎用性について、各地で開催されている芸術祭の問題点も挙げながら説明した上で、個人の経験に基づいて美を判断するべきであると論じている。

 

2 美的判断が持つ性質について、哲学者の考え方の違いにも触れながら説明した上で、他者と分かり合うためには普遍的な美を見出すことが望まれると論じている。

 

3 美的判断が持つ危険性について、現代社会で求められる美の味わい方も挙げながら説明した上で、 客観的な視点を通して作品と向き合うべきであると論じている。

 

4 美的判断が持つ特性について、美的経験の捉え方の変容にも触れながら説明した上で、現代社会が抱える課題の解決につながることが期待されると論じている。

 

 これ単品だと、本文を読まずに解くとなれば中々の難問である。しかしながら、全体の論旨を、小問(キ)の鮮やかな伏線回収(?)を通して、掴んできた。これなら解けるであろう。

 

 注目するべきは、選択肢2・4の細かな表現だ。「望まれる」「期待される」という言い方をする場合、多くの場合は、「作者がそう考えている」という意味であろう。世間一般がそう考えている、という纏め方なら、「望まれている」「期待されている」という距離を置いた言い方をする。

 

 つまり、それぞれ「他者と分かり合うためには普遍的な美を見出すことが望まれる」「現代社会が抱える課題の解決につながることが期待される」は、論旨に反している。作者はそれをむしろ否定する位置にいると推測されるからだ。

 

 選択肢3の「客観的な視点を通して作品と向き合うべきである」も予測される論旨に反する。

 

 一方選択肢1は、芸術祭の問題点に触れているという小問(オ)(カ)要素にも触れたうえで、結論部分も、尖った表現なので少し躊躇いはあるが、正解と判断できる。

 

 よって、これは1が正解だ。

 

解答のまとめ

(イ)4(ウ)2(オ)1(カ)4(キ)3(ク)1

模範解答

(イ)1(ウ)3(オ)1(カ)4(キ)2(ク)4

 

令和2年度問題・まとめ

6問中2問正解

 び、びみょ~……。「選択肢が4つあるのだから、ランダムに答えたら正解率は4分の1に収束するし、その中で3分の1だしたのだから……」と考えられる方もいるだろうが、「正解を目指して選んだ」のだから、正解側に偏りが生じるのは当然だ。むしろ、正解率2分の1に満たないというのは、大失敗も良いところである。

 

 振り返って見ると、飛ばすはずだった小問(エ)が不正解問題の起点だった。(イ)(ウ)で保留になったから苦し紛れに(エ)を考察し、それを基に(イ)(ウ)の答えを出した。(キ)もまた(エ)を大きなヒントとしたし、(ク)はそんな(キ)でたどり着いてしまった「間違った読みの全体論理」を根拠に答えを出した。

 

 ちなみによく見ると、(イ)(ウ)はそれぞれ、迷った2択のうち、選ばなかった方が正解になっている。「2分の1までは絞れたんだけどな~」というのは受験生にありがちな言い訳だが、実は受験問題は、2分の1までは簡単に絞れて、そこからさらに絞れるか、という作問がなされてることがある。こんなのは何の言い訳にもならない。ただし、勉強段階においては、「2分の1まで絞れる程度には成長した」という段階にたどり着いたということを分かっておくのは重要である。

 

 それはさておき。

 

 上記とは逆に、正解した(オ)(カ)は、自信なさげな部分もあったが、(エ)を根拠にしていない。

 

 これが正解・不正解の大きな違いだろう。

 

 考えるに、一か所正解からズレたら、そこを起点に次の答えを求めようとするので、ズルズルと不正解が続いてしまうのだろう。これは神奈川県公立高校入試の数学でも起こりがちなパターンで、図らずも「科目を超えた勉強の性質」を体感してしまった。

 

 それにしても恥ずかしい。「平成31年度問題では無視した記述問題も、場合によっては大きなヒントになり得るようだ。これは大きな収穫である。」だの、小問(キ)の件だの、よくもまあこんな堂々と見当違いも甚だしいことを言ったものである

 

 勘違いは次なる勘違いを生み出す。

 

 自分が間違っているかもという想定を常にしろ。

 

 本文をちゃんとしっかり読め。

 

 良い教訓になった。

 

まとめ

平成31年度入試・6問中6問正解

   令和2年度・6問中2問正解

      総合・12問中8問正解

 

 び、微妙すぎるぞ……。

 

 正解率で言ったら、個人的に設けていた「説立証」のボーダーラインである2分の1をしっかり超えている。

 

 しかしながらこれは、片や全問正解、片や3分の1、という偏った結果によるものだ。どちらが外れ値なのかも判断がつかないが、何はともあれ、「解けないことは無いが、正解率がかなり悪いこともあるので、過信してはいけない」という微妙で穏当な結論を出さざるを得ない。

 

 平成31年度問題は前半でズレが発生しなかったのと問題がそもそも簡単だったことから、全問正解できた。しっかり各問題を関連付けて答えていた証拠である。

 

 一方令和2年度問題は、前半に不正解が発生したせいで、それを関連付けて答えていった結果、不正解が大量に発生し、逆に不正解部分に関連付けないで答えた少数の問題は正解した。

 

 本来ならば、本文を読めばそこに答えが書いてあるので、勘違い・見当違いをしていたとしても、読んでいるうちに気づいて、正解への修正力が働く。不正解が次なる不正解を呼ぶ、というこの現象は、本文を読まなかったからこそ起きた現象だ。

 

 やはり、本文はしっかり読むべきなのである。現代文読解の本義は間違っていなかったのだ。

 

結論

 

①本文を読まなくても、解けないことは無いが、一か所間違えるとそこから連鎖して間違えまくる

 

②理由は、各問題を関連付けて解かざるを得ないから

 

そして何よりも、

 

③本文は、必ず、しっかり読もう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

おまけ・令和2年度センター試験問題でやってみた

www.dnc.ac.jp

自己解答

問2・①

問3・④

問4・④

問5・⓶

問6(1)・①(これはいくら何でも本文が無いと不可能だが、④だけはあり得ないと推測できる)

問6(2)・いくらなんでも本文が無いと不可能なので除外

 

模範解答

問2・⓶

問3・③

問4・⓶

問5・⓶

問6(1)・①

 

5問中2問正解。

 

5分の1のランダムがたまたま2問当たっただけ感のある微妙な結果になった。

 

本文は、ちゃんと、読め!!!

【剣盾S13ダブル・最終レート1751順位754位】ゴンドンワカメスイッチトリル【ヌメキュワ+リザコー】

f:id:kobayasisinn:20210101180006j:plain

はじめに

 はじめまして、またはこんにちは。開いてくださってありがとうございます。

 

 シーズン13でも無事最終3桁(最終レート1751・順位754位)を達成できたので使っていた構築の記事を書きます。

 

構築経緯

 f:id:kobayasisinn:20201130003936p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004002p:plainで初日13時から潜って瞬間一位()を達成したり前シーズンのPT改良して使ったりf:id:kobayasisinn:20201130004606p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainこすったりしているうちに順位落としたり上げたりして2000位~15000位でフラフラして12月半ばまで来ました。

 

 月末は忙しいからあまり潜れないしそろそろ本格的にやるかあ、っとなって、そこでふと思い出したのが、前シーズン末期に話した知り合いの某強者とのやり取り。

 

僕(f:id:kobayasisinn:20200831172759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain流行ってるし、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plain刺さってそうだなあ)

強者「f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainと当たった。強そうだった」

内心と合致していたので僕が相談を持ち掛けて、動きを解説してもらったり、お相手のPT見せてもらったり(f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain)する

 

「そうだ、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plain使いたいんだった」と思い出し、↑のPTの存在をすっかり忘れてた状態で組み始めました。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainは確定。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainに弱すぎるのと、トリル運用で弱すぎるのでf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainも確定。

 

 解説してもらった動き(f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainを出すように見せかけてf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainを誘いf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainのダイストリームで倒す)を思い出し、ちょうど上の3匹にも強いしトリル以外の強力な攻め筋もできるのでf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plain採用。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831194701p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004606p:plain相手が不安なのと、トリルでも非トリルでもまあまあ動ける、いつもの一撃f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainを採用。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainのSがダイジェットなしだと中途半端なのでS操作が欲しいのと、相手の水タイプが重いのと、ボルトチェンジでいきなりf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainに交代して晴れさせてf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainのバカ火力を押し付けたい、というのが重なってf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainを採用。

 

 ここまですんなり採用して、「あ、そういえば教えてもらったパーティ忘れてたわ。どれ、見てみるか」となる→f:id:kobayasisinn:20200831111751p:plain以外全く同じになったわ……。

 

 オリジナリティの欠片もなくなってしまいましたが、滅茶苦茶強い人とほぼ同じ結論に収束したというのは自信になったので、このまま突貫。案の定4桁をフラフラしていたのですが、終盤でついに上振れを引いて3桁フィニッシュして、意気揚々とこの記事を書いています。

 

 なお構築名は、リザードンヌメルゴンで脚韻踏んでて面白いのと、戦術の軸になるf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainなので、ゴンドンワカメとします。わかめとはいえf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainは入っていません。

 

個体解説

ヌメルゴン

f:id:kobayasisinn:20210101210051p:plain

https://nouthuca.com/tool/pgl_card/ のツールを使いました

 かなりの特殊耐久とまあまあの耐性を持ち、弱点保険を発動すれば中々の火力を発揮します。

 f:id:kobayasisinn:20200831172759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainの流行りに対して刺さっていた上、使用率上位にも中々戦えそうと前々から思っていたので構築の軸としました。f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainとの相性は抜群です。

 

 調整は、火力が足りないのでC特化、耐久はポケ徹のツールで出した奴です。実際ベストかはわかりませんが、まあ、少なくとも悪くはないでしょう。トリル運用が理想の動きなので冷静最遅でもよかったかなあと思いましたが、f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainのエレキネットと絡める場面もあるかと思って控え目にしました。そんな場面一度もなかったけどな!

 

 まあ冷静じゃないせいで負けた試合、どころか困った試合すらなかったので、どっちでもよいでしょう。多分。

 

 技は、いかんせん種族値の都合で弱点保険を使っても火力が足りないので流星群、f:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainあたりに抵抗するためのなんかの電気技、採用理由の水技、技枠の都合上f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainがサイドチェンジを使えないので守る、で確定です。

 

 まず水技に関しては、ダイマックスが切れたあとに物理技で攻めてくるであろうf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainのために範囲技として濁流を選びました。タスキがあるなら横のやつと一緒に削りが出来て、ちょっとでも削れてるなら弱点保険の火力で横にそこそこダメージを与えつつ倒すことができます。

 

 電気技は、弱点保険があってもなお火力が足りないのと、「まあダイストリームで雨降ることもあるだろうしいいか」と思ってにしました。実際、雷でも雷媒体ダイサンダーでも「火力たりね~」ってなったので、雷で正解だったような気がします。まあ世間の採用率では10万ボルトが一位なんですけどね。僕も何度10万ボルトにしようか迷いました。

 

 というのも、ダイマックスが切れたら最後、命中90C2段階ダウン流星群、命中85範囲技濁流、命中70雷、と命中不安のオンパレードだからです。

 

 しかもさらに悪いことに、基本選出の都合上、ほぼ100%f:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainと一緒に選出するから隣に並ぶ場面も多々あり、技2つがさらに弱体化し、流星群しか打てない、という場面が結構ありました。10万ボルトさえ使えれば確実に勝てるって場面で晴れ雷や流星群に頼ることもしばしば。10万ボルトなら十分ボルトなのに……。

 

 というわけでシナジー的にはもう本当にカスみたいな技構成です。f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainという組み合わせのスペックの高さでごり押してるようなもんでした。

 

 ダイサンダーは、弱点保険型ダイマエースを潰そうとする欠伸と、ドラゴン沢の火力を下げようとするミストメイカf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainにとても有効です。

キュワワー

f:id:kobayasisinn:20210101210057p:plain

 エースの相棒。ダイマックスという弱点保険やフラワーヒールとの相性抜群なシステムが生まれたので、今作ではf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainと並んで一気に株が上がった感があります。

 

 調整は昔適当に作った奴の流用なのでよくわかりません。多分、Hは奇数範囲で最大、種族値が高いDに補正かけて効率よさげにしてかつ11nまで振り、残りはBと言った感じでしょうか。いかんせん物理からも特殊からも集中砲火を受けて耐久もギリギリなので、どっちかに偏らせるのもうーんって感じです。

 

 ちなみに、トリックルームが理想の動きとはいえ、初ターンにf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainあたりの猫騙しの上からドレインキッスをするためにも、Sを落とすわけにはいきません。S種族値100は偉い!

 あと仲間殴りとはいえCを落とすとf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainあたりの低耐久抜群へのダメージも減ってしまうので、落としませんでした。幸い殴る仲間はDがクソ高いバケモノなので。

 

 技は、ドレインキッスは確定、フラワーヒールもf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainが意外とギリギリなのとf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainの噴火の火力を助けるためにほぼ確定。あとf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainはS種族値80無振りという鈍足ではないが低速みたいな感じなのでトリックルームも確定で良いでしょう。

 

 残り1枠は、ぼくの伝統芸と化しているサイドチェンジ、分かってる相手からは即集中砲火を受けるので守る、などと迷いましたが、いくらなんでもf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainに弱すぎるので地雷枠の甘えるを採用しました。

 

 カジュアルで試運転していた時はf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20210101212726p:plainと3回に2回は遭遇したので甘えるが大活躍だったんですよ。でも、ランクに潜り始めてからは30戦ぐらいずっと遭遇せず、甘えるを一度も使わなかったんですね。サイドチェンジや守るがあれば勝ってた試合も結構ありました。

 

 でもf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainがいるときは絶対f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainは出さないってなるともう自由度が無さすぎるので、意地で甘えるを使い続けたところ、少しずつ遭遇する機会が増えてきて、最終的に終盤は大活躍しました。予想外でしょうねえ、相手からすれば。

 

 理想の動きは大体初手トリックルーム→2ターン目弱点保険起動でf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainが大暴れ、という感じなのですが、分かっている相手はもう絶対f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainを狙ってきて、初手ドレインキッスするだけで落とされ、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainがトリルなしで戦う羽目になる、というパターンが結構ありました。それでも本人たちのスペックが高いのでまあまあ勝てるのですが、トリルを決められればイージーウィンできるので狙いたいところです。

 

 あと、ドラゴンと並ぶf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainは十中八九サイドチェンジを持っているので、「f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainでダイウォールしてf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainでトリルするかあ」(例・対f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainで相手にトリル展開されてる)って場面で、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainを狙ってf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain方向に攻撃をされて落とされて負ける、という場面も結構ありましたね。

 

 逆に「相手がサイドチェンジ読みで行動した結果こちらがチェンジしてないので有利になった」というのはあまりありませんでした。警戒させるだけで十分厄介ですが、今期はあまり相手の脳みそを破壊できていません。ぼくの伝統芸が……。

 

コータス

f:id:kobayasisinn:20210101210100p:plain

 過去個体の流用。当初は「欠伸嫉妬守るボディプレ@オボンにしたかったけど、作るの面倒くさいしとりあえず流用で試運転するかあ」という感じで突っ込んだのですが、普通に強かったので最後まで使いました。

 

 ちなみに、Dに振ったつもりが構築記事書く段階になってB振りだったことに気づく、という点でも過去と同じ。気づいた時に直していれば……。

 

 晴れ噴火2回または晴れ噴火熱風1回ずつが通れば勝ち、通らなければ負けって感じです。

 

 選出率は100%で、2種類ある基本選出の両方で後発から出すことになります。f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainとは役割上のシナジーはあるものの特性と技のシナジーはカスでした。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainを相手にするのが第一の役割なのですが、トリル下でないと噴火が十全に振るえない(HPがっつり削られる+ダイアースのD上昇やダイアイスの天候書き換え)ので、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainが上手くいかなくてこいつで倒すプランにする場合は、絶対トリルしたいところです。

 

 ただ、仮にトリルできたとしてもこの2匹のダイマは本当バケモノで、十全の晴れ噴火が通っても黄色までぐらいが関の山なので、ある程度削ることが必要です。いや、まあ、この2匹が来るならf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainにしたいのは山々なんですが、たいていf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plain

と組んでるので無理なんですよね……。

 

 技は、最強火力の噴火と命中以外は安定の熱風、しばしば優先的に狙われるので守る、対f:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004005p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190912p:plainの大地の力で確定だと思います。

 

 参考構築と違ってf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainがいない都合上、水や地面に弱いのでソーラービームも欲しかったのですが、泣く泣く省きました。まあ、炎が通らない水や地面相手には大抵f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainが有利または不利ではないぐらいまでいくので。

リザードン

f:id:kobayasisinn:20210101214708p:plain

  本構築の第2のエース。普通のキョダイです。f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain意識で最速。

 

 技は、f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainとよく選出するので安定のエアスラッシュ、耐久が足りないので守る、こいつを選出するときはf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainは間違いなくいないのでf:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200831140727p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004014p:plainと戦えるように熱砂の大地、までは確定です。

 

 炎技は威力重視のブラストバーンや安定の火炎放射と迷いましたが、十中八九ダイマするとはいえ、ダイマしなかったり、ダイマが切れたり、こいつで絶対倒したい奴の横にこの指や怒りの粉持ちがいたり、ということを考えて熱風になりました。晴れ熱風連打してるだけで勝つこともあります。

 

 まあ普通に強いですね。通ればイージーウィンします。f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainは暴力。


 ただ色々と分かりやすい上、冠環境においては種族値も微妙なため対処もされやすく、序盤に出鼻をくじかれて負け、ということも多かったです。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainが勝てない鋼タイプを意識して採用しました。あと、相手視点では対f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainでも明確に不利ではないため選出しやすいf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainを誘導するためでもあります。ちなみに、まんまとf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainVSf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainの構図を作れても、ダイアースとチョッキの力で普通に負けることもあります。なんだこの化け物。

 

 あと、f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainの組み合わせに強いポケモンは結構な割合でf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainに弱いので、それらを誘導する意図もあります。

 

⑤レジエレキ

f:id:kobayasisinn:20210101214705p:plain

 冠の雪原で突如現れた素早さの化け物。

 

 役割は、S操作と対面操作と対水と対飛行、後半のスイーパーです。

 

 f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plain同士で対面してエレキネットをどっちが先に撃つか勝負が頻発したからか、当初は「Sぶっぱはもったいないので耐久にも振る。性格は控え目」みたいな風潮が強かったのに、今では最速が主流です。

 

 その流行に乗っかって臆病最速、ここまでくると耐久はあってないようなものなので火力にぶっぱ、余りは適当にD。

 

 こいつが一番迷走したポケモンです。技は、S操作のエレキネットと、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainと初手で並べて相手を削りながらf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainを出せるボルトチェンジ猫騙し対策の守る、までは確定です。


 あと一枠はまあまあ迷走しました。当初は光る粘土を持たせて光の壁やリフレクターで試していたのですが、壁にするならどっちも採用しないといまいち意味を感じず断念。後半のスイーパーなのに電気無効に手も足も出ないし実際ラス1こいつVS電気無効で詰んだ場面が何回かあったので破壊光線も試しましたが、使いにくくていまいちでした。

 

 結局、エレキネットでSが下げられないf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainや1段階ダウンでは足りない晴れf:id:kobayasisinn:20200831172759p:plain(最速にすれば主流の倍速控え目まで上を取れる!)を無理やりf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainで抑え込めるよう、犯罪技の電磁波にしました。

 

 電磁波エレキネット同時採用となると俄然広角レンズが欲しくなってきますが、火力が足りなさすぎるので磁石を持たせています。

 

 先制技がなくて困ったのと、地面タイプに結構弱かったので、参考にした構築通りf:id:kobayasisinn:20200831111751p:plainでもよかったのかもしれません。フラワーヒールの回復量も増えますし、f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plain選出パターンの自由度も増えます。ただ、そうなるとS操作に本当に困るので、一長一短ですね。

 

⑥悪ウーラオス

f:id:kobayasisinn:20201130104543p:plain

 いつもの。タスキ持たせておきゃとりあえず使いやすいし強い。今回は対鋼・岩、特にf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004014p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainを意識しました。

 

 別に思考停止で「いつもの」って感じで採用したわけではなく、①スイッチトリルっぽいので中速で高火力が欲しいししかも通りが良い、②上に並ぶf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainから見てキツイ強ポケ面子に強いまたはがっつり不利ではない、③タスキ適性が高い、④守る貫通の安心感、⑤唯一のそこそこ火力がある先制技、などを考えて入れました。ただ、考える構築に大体こいつが入ってしまうのが思考停止気味なのは否定しません。

 

 ちなみに世間では初手f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが強いと話題になってましたが、この構築では一度しかやっていません。

 

使い方・基本選出

①基本A

・先発f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain後発f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain

 

 理想の動きは、初ターンf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plain守る+f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainトリル、2ターン目f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainダイマf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainが弱点保険起動、以降フラワーヒールやドレインキッス連打するかf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainが落とされ、トリル下でf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainが暴れ、トリルが切れるか切れないかぐらいで安定の襷f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainが出陣。

 

 なお実際は、初ターンで猫騙し持ちを出される、高火力で集中するなどしてトリルを阻止されることが圧倒的に多いので、そうなりそうなときは欲張らずにf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainダイマで弱点保険起動をし、2ターン目以降出来そうならトリル、無理だったらトリルなしでなんとかする、という流れになります。だいぶ苦しいのですがなぜか勝てます。

 

 たまにf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainになったりします。

 

 何度も言っていますがダイマ切れたf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainの並びは技シナジーがカスなのでそこが欠点です。

 

②基本B

・先発f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plain後発f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain

 

 f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainボルチェンでf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain出し、晴れサンパワー珠ダイマ技をf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainでぶち込むのが理想です。まあ大体上手くいかず、f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが素バックしたりエレキネットしてS操作したりと色々。

 

 f:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainはただの晴れ兼トリル対策なのですが、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainはどちらも相手からすると放置できないので、岩雪崩や天候変えがなければかなり辛いと思います。そうして疲弊した相手を、f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainで削っていきます。

 

 またいざという時はf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainダイマックスしたりもしますが、ダイサンダーしかない上に威力120とカスなので緊急事態だけです。

 

 

 選出はこの2つで95%を超えます。割合で言ったらA:Bで6:4ぐらい。片手指でも余裕で足りる程度の回数で「先発f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain後発f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plain」をやったりもしますが、そういう時はかなり苦しいので負けます。

 

弱点

①特殊耐久が厚いポケモンたち(f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004014p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainなど)

 御覧の通り、火力ぶっぱのアタッカーは多いのに、特殊アタッカーばかりで物理アタッカーはf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainのみなので辛い戦いを強いられます。特にf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainはとても辛いです。

 

 対応としては、トリルをしてf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainの火力でゴリ押す、または守る見切りを5匹が持っているのを活かしてダイマを凌いでから殴る、などです。

 

 そういえば特殊耐久と言えば、そこそこ潜ったのにf:id:kobayasisinn:20210102012036p:plainに遭遇しなかったですね。これは完全に幸運です。ラッキーだけにね。

 

②フェアリータイプ(f:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20200831194902p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145454p:plainなど)

 基本エースであるf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainは弱点保険起動しても火力が低く、タイプ一致ダイドラグーン以外は当然もっと低いです。そんな中で、それを無効にし、さらに特殊耐久が高かったり、ミストフィールド展開したり、この指で吸い寄せたり、壁でダイマしのいできたり、呑気のお香や脱出ボタンを渡してきたり、挑発してきたりと、嫌なことを沢山されます。

 

 幸い水フェアリーやf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainは雷が弱点なので、それをぶち込んで一撃で沈めましょう。f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainのせいでやたらとソクノ持ちが多くて倒しきれず負けることもしばしばありますが。

 

 地味に厄介なのがf:id:kobayasisinn:20200824145454p:plainで、ヌメルゴンの技が全て半減以下です。放置しようにもムンフォマジシャは地味に火力が高く、またf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainでの処理に失敗して裏f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainが出るまで残されたらほぼ負けです。ドレインキッスで地味に削るなどの対処が重要です。

 

f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plain両方に激つよな組み合わせ(例f:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainf:id:kobayasisinn:20210102010028p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20210102010957p:plainなど)

 初手ダイマエースを通せないと絶対に負ける構築なので、こういう選出段階でどっち出せばいいのかわからないパターンは無理です。相手は両方選出して片方を後ろに控えさせておけばこっちの選出見てから対応できるわけですから、「頼む選出噛みあえ!」みたいなワンチャンもほぼありません。

 

 幸いダイマエースのスペックは高いので、相手がプレミしたり、守るやダイウォールが噛み合えば押し切ることも可能です。神に祈りましょう。

 

 特にf:id:kobayasisinn:20210102010957p:plainは無理でした。威嚇無効の鈍感が大きな選択肢になっていてそちらならましなのですが、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainがいるのに出てくるってことは当然厚い脂肪です。壁、天候変え、ダイマックス、デバフ、ダイアースなどで火力をいろいろ下げられたら手も足も出ないし、ダイロック・ダイアースでf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainは倒され、物理耐久低めなのも相まってf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainもダイアイスで倒され、f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainも天候で襷が削られ、最悪の相手です。

 

 あと、特定のポケモンが苦手……というのではなく、ヌメルゴンにCデバフ撒かれたら終わりです。

 

まとめ

 f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plain自体は環境に刺さっていて、それはS13終盤まで、なんなら今(1月初頭)も続いていると思います。f:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainは使用率こそ104位(S13最終)と振るっていませんが、その特性と600族のスペックと技範囲、そして強力な相棒f:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainのおかげで、環境次第では大活躍しますし、対策していない相手へのイージーウィンも可能です。

 

 ただ、この2匹と組み合わせるポケモンは難しいという印象でした。

 

 鋼氷を倒すためのf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainというチョイスは悪くはないとは思いますが、弱点がはっきりしている組み合わせ2つを同居させる形になるうえ、同時選出もしにくいため、選出が窮屈になります。基本選出が1つに決まってる構築は戦術が強いだけであって窮屈ではないと思いますが、今回のように2つに固まっていてそれ以外ほぼあり得ない、というのは、自由度の低さ・窮屈さの証だと思います。

 

 今回の構築は弱点がはっきりしていて、無理な相手には相手のプレミ・回線切れ、運勝ちを祈るしかないのがちょっとアレでしたね(なぜか勝った試合もある)

 

 あと、やっぱりf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainに守るもサイドチェンジもないのはいくらなんでも不自由過ぎました。甘えるがあったおかげで勝った試合もありますが、それ以上に「サイチェンしてぇ~」「守るほしいなあ」のほうが圧倒的に多い(勝ちにつながったかは別)ので、甘えるはお勧めできません。f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainは大抵f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172747p:plainに強いやつと組んでいるのでそれらに対して迷わずf:id:kobayasisinn:20200831111717p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111759p:plainっていう狙い自体はいいんですけどねえ……。

 

 まあいろいろ言いましたが、今も勝てる構築だと思うので使ってみてください。結構個人的に満足いく構築です。

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【剣盾S12ダブル最終レート1771・順位882位】メタメタグロスの特殊ドラパキッススタン

f:id:kobayasisinn:20201130002923j:plain

はじめに

 こんにちは。今回は、ポケモン剣盾ランクバトルのS12ダブルにて目標としていた最終三桁を達成できたので、その時に使っていた構築をここで紹介します。

 

 成績は、メインアカウントにおいて、最終882位、最高および最終レート1771です。ちなみにサブアカウントでは中旬ごろからf:id:kobayasisinn:20201130003936p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004002p:plainを軸とした構築を使っていたのですが、使い始めたころちょうどに最速f:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainが増加したなどの影響で上手くいかず、90戦ぐらい潜って最終2045位でした。

 

構築経緯

 冠が配信されてからS12最初の数日ぐらいまでは案の定迷走していて、仲間大会もカジュアルも大きく負け越し、S12が始まってもスパボ級から抜け出せないでいました。そこで仲間大会で出会ったf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003950p:plainにボコボコにされたのを思い出し、ここを軸に組んでいくことにしました。トリル兼アタッカーでかつ今期から降り注いできた600族ドラゴンや準伝説たちにも中々通りが良いということでf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainも採用し、f:id:kobayasisinn:20201130003950p:plainゴキブリf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainブリf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainブリ)でブリブリブリ構築の中軸が完成します。当初はほぼトリルに寄せてf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130005619p:plainと組んでいてこれまでの敗北が嘘のようにほぼストレートでマスターランクまで昇格しました。しかしマスターに上がってからはかなりの大連敗をしてしまい5桁順位まで落ちました。そこで①トリル役の横にこのゆび役がやっぱり必要、②f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003950p:plainコーチングしたら強いんじゃね?、③悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainがきついからf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainと並べられるフェアリーが欲しい、という反省点と気づきを活かして、ブリブリブリに加えてf:id:kobayasisinn:20200831194701p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainを採用しました。これがまあまあ良い感触で中々の成績や良い試合(有名人とマッチングしたアーカイブはこちら)などもあり連勝も相まって4桁前半まで上がってきたのですが、ブリブリブリの対策が環境に増えすぎてしまい、また5桁まで落ちてしまいます。しまいには15000位とかまで落ちた記憶がありますね。

 

 こうした経緯の中で、気づいたことがありました。

 

f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainが環境に激増してきてf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainが通らない。

f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainの並びがメッチャ強い。意地珠手助けダイホロウでH252ダイマf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが80%以上の確率で落ちるし、f:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain相手にも戦える。

 

 そういうわけでブリブリブリを水に流してf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainを軸に組もうとしたのですが、意地珠手助けダイホロウをf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainに乱数で耐えられて負けたり、追い風ダイスチルを上からやられて普通に耐えられたりした経験もあったので、H252D4ダイマでも確定で落とせるf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainを特殊で運用することに決定。そこから色々と考え、次のように残り4匹が決まってきました。

 

 まず環境に激増していたf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainの初手ダイマックスを控え目珠手助けダイホロウでぶっ飛ばして数的・ダイマ的有利を奪い取るのが目的なので、選出誘導・トリルエース・対f:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainf:id:kobayasisinn:20200831191147p:plainf:id:kobayasisinn:20200831172759p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003928p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003936p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainが何とかなるという破格の条件を満たす数値の暴力ポケモンf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainを採用。f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainの並びが相手のダイホロウを誘発する(火力を求めて控え目準速にしているせいで相手の最速f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004606p:plainがキツい)ので、それに受け出しできたり身代わりになって受けたり出来るうえに高耐久で安定してトリルもできるしさらにf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainと相性が良いf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainを採用。いくらなんでもf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain対策が薄すぎるので、汎用性が高くてかつダイマしなくても強い悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainも3シリーズ連続で採用。最後に、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが増えてたのに伴ってその対策である悪タイプが激増していたのでf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainだけでは不安を感じ、トリル下でも非トリルでも活躍出来てダイマしなくても十分強い汎用ポケモンf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainを最後のピースとして迎え入れました。結果、f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainの大流行と当時最も警戒されていた一角であるf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainへの過剰な警戒も相まって、初手ダイマf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainを一撃でぶっ飛ばして勝つ試合が大量に発生し、1万位ぐらいから3桁まで上がることができました。

 

 対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainばかりを想定して作ったものなので、メタメタグロスの特殊ドラパキッススタンと名付けますが、結局のところ普通の厨ポケスタンです。

 

個別解説

①ドラパルト

f:id:kobayasisinn:20201130104550p:plain

 ぽけっとふぁんくしょん!様の神ツールが8世代仕様にリニューアルされたので早速使わせていただきました。うーん見やすい。画像右側の数値については、左が実数値で右が努力値です。

 

 構築経緯の通り、H252D4ダイマf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainを一撃でぶっ飛ばすのが目的なのでそれに合わせた持ち物・性格です。物理型では確定で落とせないので、特殊型にしました。別に臆病でも確定で落とせるのですが、H252D少し振りf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainへの手助け無し珠ダイホロウの乱数やC100しかない火力不足を考慮して性格は控え目に。ブリブリブリに圧倒的に強かったf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainへの殺意のみで軸として採用したので、今流行りの漫画にかけるとしたら、グロス殺隊・霊柱ドラパルトですね!!!!!

 

 ……絶対滑るとは思ったのですが、ギャグは勇気を持って言ったことこそが何よりも大切です。

 

 努力値は普通にCSぶっぱで、余りは対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain想定のB振りとしました。技は、定番の流星群とシャドーボールに加え、f:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainf:id:kobayasisinn:20200831174422p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainへの打点になると、物理型を使っている時に炎技が欲しすぎる場面がとてもあった反動であまり考えず大文字を採用しました。実際特殊型にすると対f:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainシャドーボール・ダイホロウで十分なので、この枠は守るの方が安心して使えると思います。実際守るが欲しいなあって場面もありました。でも守るではなくて大文字だったから勝ったという試合も結構あります。ここは好みですね。

 

 特殊型はあまり読まれません。初手で対面したf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainは絶対にダイマックスしてくれるので、一撃でぶっ飛ばして爆アドを取りましょう。そのためだけといっても過言ではない構築です。雷や大文字のタイプ範囲も相手からすれば予想外なので、こいつに出てくる相手のf:id:kobayasisinn:20201130003946p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainあたりに予想外の一撃をぶち込むことができます。またf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainは大体物理防御寄りなので、予想外の特殊火力で一撃で沈めることも可能です。あと大体ダイマが切れる前に倒れるのであまり関係ありませんが、ダブルバトルの物理アタッカーf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainダイマが切れるor使えないと弱いという点もある程度克服できます。まあドラゴンアローという反則技が使えない、というのはデメリットでしたが。

 

 特殊型の強さを存分に発揮してくれましたが、①ダイホロウでBを下げてもあまり意味がない、②それどころか後発のf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainのダウンロードと相性が悪い、③等倍の火力が足りなさすぎる、④特殊防御が固い相手には逆に予想外の火力となってジリ貧、など特殊型の弱さも余すところなく発揮してくれました。S12中盤のようなf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain大流行という状況と物理型が圧倒的にメジャー、という二つの大きな要因がないと、ダブルバトルにおける特殊型はあまり採用する意味がないと思います。

 

 ところで今、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』という今年最強の神アニメが放送されています。そのアニメ企画にあたって作られた主人公がこちらです。

f:id:kobayasisinn:20201201005339j:plain

 発表された当初から話題になっているのですが、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainととてもそっくりですよね? そういうわけで、まだ高咲侑の名前が決まってなかったころの名残で、NNは「あなたちゃん」になっています。S13でf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainを使うとしたら「たかさきゆう」にしようと思います。あまりにもアニメが良すぎたので、ポケモンブログなのにこのアニメの二次創作SS(?)を書いてしまいました。これをSSと言い張るには勇気が必要な内容ですが、そちらもぜひ読んでください。ちなみに僕のアニメの推しはエマ・ヴェルデで、スクスタ版なら三船栞子です。エマ・ヴェルデのアニメソロ曲『La Bella Patria』は人権が救済される素晴らしい曲・映像なのでぜひ見てください。あと他のアニメソロも神です。こんなキモオタ構築記事読む前に全部見てください。


 

トゲキッス

f:id:kobayasisinn:20201130104547p:plain

 S12開始前の仲間大会でワイワイやってる時からずっと、僕がよく配信にお邪魔している某強者さんが「f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainの並び強い~」って言っていました。使ってみて分かるのですが、めっちゃ強いです。

 

 技は、採用理由の手助けとこの指とまれ、対悪打点のマジカルシャインは確定です。あと1枠は、守るやエアスラッシュや熱風と迷いながらも、相手の精神を破壊したり、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainに強いポケモンf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004606p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainなど)+f:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainに強いポケモンf:id:kobayasisinn:20201130003932p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003953p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plain)の並びで対策してくる相手の思惑をくじくことができるサイドチェンジを採用しました。この技はf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainと並べた時の相性も良いので使いやすかったです。

 

 調整と持ち物については反省点。ブリブリブリのころから構築全体としてf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainに弱すぎるので緊急ダイマも視野に入れて、控え目で火力にがっつり振った過去個体を引っ張り出してきて、この構築でも同じ理由で続投。控え目で11nになる中で最大となるようC236振り、準速f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plain抜きでS1段階上昇させれば100族やそのちょっと上を抜けるようになるS108振り、余りは総合耐久を上げるH164振り、という意図で調整しました。

 

 しかしながら、①こいつが攻撃する展開はあまり火力が必要ない場面が多いのでそれなら微妙に足りない耐久を補うがっつり耐久寄せの調整と持ち物で良い、②そもそも元々はダイジェットがある物理型f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainと組ませていた上に当ポケもエアスラッシュを採用していたのでS振りの意味はあったがこの構築と技構成ではあまり意味がない、③火力振りの最大理由であるf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainへの攻撃は急所込みで赤ラインまではいくがほぼ確実に耐えられて逆上までされるので意味がない、などの理由で、調整としては失敗でした。面倒くさがらずに、構築を変えるなら調整をがっつり変えるべきだったと思います。こんなクソ採用でもめちゃめちゃ活躍出来てしかも強かったので、やっぱ厨ポケってすごいんだなって思いました。

 

カプ・レヒレ

f:id:kobayasisinn:20201130104559p:plain

 エースであるf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainの対策となる炎や悪や格闘への対策として採用。フェアリーなのに一致等倍で鋼への打点があるのもグッドで、対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainに弱いので選出は誘導できるが一方で弱点は突かれないのでがっつり不利にもならないという塩梅がとてもよかったです。さすが使用率1位、使いやすいですね。

 

 努力値・性格・持ち物・技構成は、使用率1位ポケモンにしてさらに圧倒的メジャーな型ととりあえず同じにしました。特徴はムーンフォースではなくマジカルシャインを採用している点だけです。f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainで削り切れない相手を削ったり、タスキをついでに潰したり、ということができる範囲技でありながらも濁流と違って命中安定のため安心して打てる、ということに魅力を感じて採用しました。実際この構築では圧倒的にこちらの方が使いやすいと感じています。S85と速くはないから中速・高速相手にトリル下で先制できて、別に遅くもないから対トリルパではうまくトリルをくじけば確実に上から中々の火力・耐久を押し付けることができる点が魅力です。

 

 ただ微妙にアンチシナジーな部分もあります。物理f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainと組んでいるときは鬼火対策としてミストメイカーが活躍しますが、特殊f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainと組む場合は最大一致打点を邪魔するだけにしかなりません。また、f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainとは相性が良いのでは? と思うこともあるし事実よく世間では組まれているのですが、この構築の場合はだいぶ後からf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainを出す展開になるため、大きなシナジーは感じませんでした。

 

④悪ウーラオス

f:id:kobayasisinn:20201130104543p:plain

 使いやすすぎて癖になりました。3シリーズ連続で3桁入り構築の非ダイマアタッカーを担っています。もう型の解説はいらないですよね? 

 役割は後発のスイーパーで、先発f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainが倒せなかった後発タイプのf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainを倒す役割もあります。さすがにこいつがいるとターゲットのf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが出てこないのでは? という心配はありましたが、他ポケモンの選出誘導力が高かったのと、f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain構築はこいつの性能に寄りかかっている部分が多く多少厳しくても選出せざるを得ないという事情があって、無事被選出率は100%でした。

 

 汎用性が高く、どんな構築にもとりあえず入れておけばとりあえず活躍するポケモンと言う印象です。サブアカウントの構築にも入っていました。

 

⑤ポリゴン2

f:id:kobayasisinn:20201130104556p:plain

 f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainと迷ったのですが、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainがダイホロウをよく呼ぶのでそれを透かせるこっちを採用しました。基本はf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainのほうが使いやすいと思いますが、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainと組むならやっぱこっちですね。

 

 特性は無振りでも火力を出せることがあるダウンロードが使いやすいと思います。技は、タイプ一致で火力が出るトライアタック、採用理由のトリックルームf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainのダイドラグーン・ダイアース・ダイスチルと相性が良く詰め筋になる自己再生は確定です。あとは不利な状況でもワンチャンを狙える悪魔の技・サイドチェンジにしました。構築全体としてカミツルギが辛いので、トライアタックを冷凍ビームとかにしても良いと思います。

 

 努力値振りの理由は、よく組むf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainがダイスチルをよく使うので、それで補えないDに厚い調整を目指して、元からボックスにいた生意気最遅を採用。……そして記事を書き始めて(実に11月29日)ようやく気付いたのですが、HDほぼ特化だと思ってたら、ほぼB=Dの調整でした。いやー、不思議に思ってたんですよねえ。「ん? なんか思ってたより特殊耐久低いな?」「ほぼ振ってないのにB硬ぇwww」ってことがよくあったんですよ。これが理由か……。

 

 ……努力値振りについては別として、現環境でトリラーとして使うf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainについては、トリルダイマエースがダイスチル・ダイアースをよく使うので、ダイマが切れた後にその恩恵を受けたこの高耐久ポケモンたちが生き残り続けて詰め筋となることができるので、痛み分け・自己再生は優先して採用するべきだと思っています。

 

 f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainの4匹は、相手のドラパルトにめっぽう強くなるのが特徴です。例えばf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainで並べた時には相手のf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainこの指とまれで吸われるのを嫌ってダイホロウをしてきます。交代でf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainを出せば爆アドですね? またf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainで並べているときは相手はサイドチェンジを嫌ってダイドラグーンを撃ってきますが、そこに合わせて交代でf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainを出せばやはり爆アドです。

 

 例えばこんなことがありました。

 

 初手こちらf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plain、相手f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain。こちらはダイドラグーンを読んでf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainバックf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plain出し、相手はf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainにダイドラグーンを撃って無効、f:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainへの胞子はミストフィールドで無効。2ターン目は相手がf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainにダイホロウを撃ってくるのでサイドチェンジをしたら見事ドンピシャで無効透かしに成功、f:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainは安全にマジカルシャインを撃って相手ダイマを削れる状態に。ここで相手が切断しました。やはりサイドチェンジは人間の精神を破壊するようです。

 

⑥ブリザポス

f:id:kobayasisinn:20201130104553p:plain

  ブリブリブリから唯一生き残ったブリブリブリブリのころから数値の暴力がやばすぎると感じたので採用。実際かなり暴力的でした。似たような役割としてf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainが挙げられますが、f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainは表エースのf:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainとでゴースト・悪が一貫しすぎる、f:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainは仮想敵のf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainを誘導する力が弱い、ということで、やはりこのブリが(実際としてどうかは別として構築思想的には)ベストだと思います。

 

 調整と持ち物、技構成はほぼテンプレ。特徴は鬱憤晴らしぐらいです。これはf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainと組んでいたころの名残で、かつf:id:kobayasisinn:20201130004008p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainが組んでサイドチェンジで暴れていたころなので両者に一貫する技として採用しました。今は前評判ほどf:id:kobayasisinn:20201130004008p:plainもいないので、辛いf:id:kobayasisinn:20201130005616p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainに刺さるインファイトで良いと思います。現環境でこのブリは滅茶苦茶対策されまくっているのでかなり扱いづらいですが、それでもなお普通に強い反則的なポケモンです。相手に威嚇がいないようなら出していくのはありでしょう。

 

 白い馬でさらに名前にブリがあるせいで、自然と、

f:id:kobayasisinn:20201201011422j:plain

出典はこちら(https://www.chiba-tv.com/info/detail/18236

 の姿が浮かんでくるのでNNをマキバオーにしようと思っていたのですが、変え忘れて11月が終わりました。無念。

 

使い方・基本選出

①基本・対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain入り

 先発f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plain+後発f:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainのどれか二つ

 普通に使いやすいやつです。先発の並びは汎用性が高いし、後発非ダイマで出すf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainも汎用性が高いという使いやすさの塊でした。対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainは十中八九初手で出てきてしかもダイマするので、手助け珠特殊ダイホロウで相手がチョッキやダイウォールではないことを祈りつつ一撃で吹き飛ばしましょう。この祈りが心臓にいつも悪いです。

 

 相手がトリルパだった場合は、トリルを切り返したり時間を稼いだりするために後発にf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainを入れることがあります。

 

②対f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plain、他トリル選出をしたいとき

 先発f:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plain+後発f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainorf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain

 特殊f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainは対f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plain性能が基本カスなので、トリル選出をすることになります。この指サイチェンで身代わりを作りながらトリックルームを決めて、後発ダイマエースのブリの暴力で勝負を決めましょう。

 

弱点

f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainに強いポケモンたち(f:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plain

 ダイマエースの性能におんぶにだっこなので、これらに特に弱いです。よく遭遇する中ではf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130010645p:plainが特に辛く、また幸運にも一回も当たりませんでしたがf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainには絶対に勝てません。

 

f:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainに強くて特殊f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainにも弱くないポケモンたち(f:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114549p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003940p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004014p:plainf:id:kobayasisinn:20201130004610p:plainf:id:kobayasisinn:20201130005616p:plainf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plain

 御覧の通り辛いポケモンは非常に多いです。大体f:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainの圧倒的厨ポケ性能でなんとかなるのですが、相手のf:id:kobayasisinn:20201130003956p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainにも強いので厄介でした。あとフェアリーと組むf:id:kobayasisinn:20201130003943p:plainには手も足も出ません。

 

まとめ

 厨ポケをバランスよく並べたらそりゃあ強いわなって感じのパーティでした。ただ、f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが大流行していた前半から中盤ぐらいまではかなりの勝率を誇っていたのですが、対f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain以外をかなり犠牲にしているので、f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plain対策が進みすぎて環境から減り他のパーティが増えてくると途端に苦しくなります。実際f:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが減り始めたシーズン中盤から後半はかなり苦しい試合だらけでした。中盤までに順位をある程度上げておいて、中盤以降は3桁目前ぐらいで格上相手に運勝ちを決めまくって(瞬間的には2000位前後の状態から5回連続3桁と当たって3運勝ち1勝ち1負け)3桁入りし、そこからは最低限3桁維持するためにしか潜らない、という消極的な方針で最終3桁にしがみついた感じです。

 

 構築としての完成度はそれほどでもありません。今まで記事を上げた構築と違って連敗からの5桁も経験している程度ですし、今のf:id:kobayasisinn:20201130004017p:plainが減った環境にもあまり刺さっていない感じはします。中盤の怒涛の格上への酷い運勝ちがなかったら最終3桁はなかっただろうとすら思えます。ただ単体性能が全員高く相互に相性を補完しあえている並びなのでパーティパワー・キャラパワー自体はかなり高く、もっと上手い人が使えば3桁上位ぐらいは余裕で狙える印象でした。f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111828p:plainには可能性を感じているので、S13も使うかもしれません。

 

 以上です。読んでいただきありがとうございました。



 

 

【中学校内容基本・標準レベル】虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会と一緒に復習テスト

1⃣

次の文章は、私立虹ヶ咲学園のスクールアイドル同好会に所属する高校一年生の「中須かすみ」と「桜坂しずく」の会話である。よく読んで、次の問いに答えよ。

 

かすみ「ちょちょいの~ちょい、っと! はー、終わったぁ~! こんなに簡単に解けちゃうなんて、やっぱりかすみんはぁ、かしこい! かわいい!」

しずく「あれ、かすみさん、何やってたんですか?」

かすみ「あ、しず子! これね、この前宿題で出された、中学数学のドリルだよ」

しずく「ああ、テストの成績が悪かった人にだけ出される……」

かすみ「うぐっ……ふ、ふーん! でもかすみんは、かしこくてかわいいからぁ、もう終わらせちゃったもん!」

しずく「宿題だけは絶対早めに終わらせるタイプだもんね……どれどれ……うーん、さっそく一問間違えを見つけちゃった」

かすみ「え゛!?」

しずく「ほら①この二次方程式、パッと暗算してみたんだけど、答えが違うね」

かすみ「え~、どこで間違えたんだろう~」

しずく「途中式は……残ってないかあ。これだとどこから間違えたのかわからないから、最初から解きなおしたほうがいいですね」

しずく(さっきから賢い可愛いを連呼しているのは無視しておきましょうか)

かすみ「ぶー、数学嫌いだよお……算数レベルの掛け算割り算なら簡単にできるのに……」

しずく「そういえばかすみさん、三桁同士の掛け算割り算とか、ささっと暗算で解けちゃうよね。普通は筆算とかで十秒ぐらいはかかりそうなんだけど……」

かすみ「おうちのお手伝いとかしてるからかなあ。お会計とか、在庫管理とか」

しずく「学校のお勉強とは別に、普段から慣れていることは簡単にできちゃうんですね」

かすみ「この前習った……ストリート・ファイターみたいな?」

しずく「それを言うなら②ストリート算数ね」

 

問1

かすみは会話が終わった後にこの傍線部①の問題を解きなおそうとしたが、うっかりココアをこぼしてしまい、元の問題が分からなくなった。情報処理学科に通う同級生・天王寺璃奈の助けを借りたところ、テキストとノートにある以下の情報から、彼女は元の問題を容易に推測して見せたが、「これも練習になるから、自分で求めてみて。璃奈ちゃんボード『ドSスマイル』」と言って、必要な情報をまとめてくれた。

 情報(ア)

 中須かすみが最初に問題を解いた時に出した間違った答えは、「x=9,-4」だった。

 情報(イ)

 ココアをこぼして見えなくなった箇所は、元の方程式の左辺の実数部分であった。見えなくなった実数をa,bに置き換えると、「x²+ax-b=0」である。ただしa,bには1桁以外の数字も入る可能性もある。

 情報(ウ)

 そのページにある二次方程式の他の問題も、全て同じミスをしていた。

 情報(エ)

 ミスした問題の一つは次の通り。「x²-4x-5=0」の解を、「x=1,-5」としていた。

以上を踏まえて、元の方程式がどのようなものだったか、および正しい解を答えよ。

 

問2

ストリート算数とは、教育で体系的に学習した算数ではなく、日常の体験・経験の中で獲得された算数である。学校に通わずに路上で物売りなどをして生活している児童が、日常的に使う計算は早いが、逆に文章題や抽象的な数学ができない状態が典型例である。このように、貧困と教育には密接な関係がある。次に、日本における貧困または教育ついて述べた文がある。その正誤の組み合わせを選べ。

(ア)

「健康で文化的な最低限度の生活」を送れない貧困家庭を救済するための社会福祉の一種として、生活保護が挙げられる。

(イ)

日本国憲法には教育を受ける権利が明記されており、それは社会権の一種である。

 

1.(ア)正(イ)正   2・(ア)誤(イ)正

3・(ア)正(イ)誤   4・(ア)誤(イ)誤

 

 

2⃣

次の文章は、私立虹ヶ咲学園のスクールアイドル同好会に所属する高校三年生の「近江彼方」と「エマ・ヴェルデ」と「朝香果林」の会話である。よく読んで、次の問いに答えよ。

 

果林「今回のテストはいつもよりとてもよかったわ。二人のおかげね」

エマ「うん、私もとっても嬉しいよ♪」

彼方(といっても全科目平均点以下なんだけど、黙っておこ~)

果林「バイリンガルのエマ、奨学生の彼方、学年トップ常連の愛に、発明家の璃奈。この同好会、もしかしてインテリの集まりなんじゃないかしら」

彼方「そんなに褒められると、彼方ちゃん照れちゃうよ~」

エマ「私はそうでもないよぉ~、国語は逆にお世話になっちゃったし」

果林「3年生ともなると古文も本格的だものね。今と昔で使うひらがなまで違うんだもの、困っちゃうわ」

彼方「①歴史的仮名遣は3年生どころか中学生の範囲なんだけど……」

エマ「でも、お勉強してみると、面白いことが一杯書いてあるよね。最近読んでる『徒然草』には、日本の文化とか価値観とか、すごくわかりやすく書いてあるの」

果林「へえ、例えば?」

エマ「えーっと、今本から探すね。例えば……『②家のつくりやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。』とかかな。日本の初めて来たとき、想像以上にじめじめ暑くてびっくりしちゃったから、よくわかるかも」

彼方「今はクーラーとかいろいろあるし、便利になったよねえ」

果林「あら、スイスはやっぱりイメージ通り涼しいの?」

エマ「うん、私が住んでいたのはアルプス山脈に比較的近い方なんだけどね、夏は涼しくて気持ちがいいんだ。でも冬はその分日本よりもとっても寒いんだ」

果林「避暑地にはぴったりじゃない」

彼方「日本で近い気候だったら、やっぱ③北海道だよねえ」

エマ「亜寒帯、っていうんだよね」

彼方(愛ちゃんか侑ちゃんがいたら「寒すぎてアカン」とか言ってたんだろうなあ)

 

問1

傍線部②家のつくりやうは、①歴史的仮名遣で書かれている。ではこの部分を読み上げたエマは、どのように発音したか、全てひらがなで書け。なお、エマはしっかりお勉強してきているので正しく発音したものとする。

 

問2

傍線部③北海道の一部は会話文の通り、亜寒帯に属する。次の文章は、果林が亜寒帯の特徴を答えるテスト問題で書いた誤答である。(ア)は別の気候区分について書いてしまっていて、(イ)は傍線を付した個所が間違っている。(ア)の特徴が当てはまる気候区分と、(イ)の傍線部の正しい答えを、それぞれ書け。

(ア)夏は乾燥していて降水量が少なく、冬は降水量が多い。オリーブやブドウの栽培が盛んである。

(イ)タイガと呼ばれる広葉樹林が広がっていることが多い。

 

 

3⃣

次の文章は、私立虹ヶ咲学園のスクールアイドル同好会に所属する高校二年生の「上原歩」と「優木せつ菜」と「宮下愛」の会話である。よく読んで、次の問いに答えよ。

 

せつ菜「どうですか!? 私の作ったケーキ!」

歩夢「うん、すっごく美味しい!」

愛「とっても上手くなったね! 美味いだけに!」

せつ菜「ありがとうございます! 彼方さんに教えていただいて、コツが掴めてきました! 侑さんがいなくて食べて頂けないのは残念ですが……予定があるなら仕方ないですね」

歩夢(いつもとんでもないのを出されるから言い訳して逃げただけだと思うけど……)

愛「もんじゃ焼きにも通じるところあるけど、特にお菓子作りは、分量とレシピが大事な『化学』みたいなものだからね。やっぱ基本が大事だよ」

歩夢「実験の時とか、すごく分量に厳しかったりするもんね」

せつ菜「高校生まででやる内容ならそこまで危険なことはないですけれど、大学とかだと危険なものはいっぱいですからね。義務教育のうちから細かくしておくのはいいことですね!」

愛「愛さんも昔、①プレパラートを割っちゃってすごい怒られたことあるよ。道具の正しい使い方も大事だね。お料理も包丁とか危ないし、似ていることがいっぱいだよ」

せつ菜「『大好き』を伝えるためについ色々なことをしちゃいますけれど、道具も人も大切にしてこそ、ですね!」

歩夢「うん、そうだね。……甘いもの貰ってリラックスできたし、今日中にこれ終わらせちゃお」

愛「ん? そういえばさっきからやってたそれ何? たくさん英語が書いてあるけど」

歩夢「侑ちゃんの提案で、海外の人にもみんなの魅力を伝えたいから、MVの動画説明文に英語の紹介も書くことにしたんだ。二人で手分けしていて、これは私が担当する璃奈ちゃんの分だよ」

愛「え、りなりーの!? 愛さんにも見せて~」

せつ菜「私も見たいです!」

歩夢「うん、いいよ。私、英語はそこまで得意じゃないから、ちょうど二人に聞こうと思ってたんだ」

愛「うーん、と……うん、よくできてるね!」

せつ菜「変に難しい言葉を使ったりせず、簡単な言葉で書いたんですね! 真心と大好きが伝わってきます!」

歩夢「ありがとう。どこか変なところはないかな?」

愛「えーっと、ここぐらいかなあ。②This board is Rina-chan-board. Rina-chan-board was made by her.のところだね」

せつ菜「英語では同じ言葉の繰り返しはなるべく避けますからね。二回目のRina-chan-boardは、Itに変えた方が綺麗な英語になりますよ」

歩夢「そっかあ、忘れたよ」

愛「あと、ここは一つの文章にしたほうがいいのかなあ。片言っぽくない、綺麗な英文になるよ」

歩夢「それのやり方忘れちゃったから、つい分けちゃったんだ。どうやるんだったかなあ」

せつ菜「うーん、でも一つに纏めたら一文が長くなりすぎませんか? 動画の説明文でそこまで長いのが出ると、読みにくいと思います!」

愛「あー、確かに」

歩夢「どうすればいいんだろう……難しいよ……」

せつ菜「大丈夫です! 歩夢さんが一生懸命考えたなら、きっと③大好きは伝わりますよ!」

歩夢「うん、そうだね! とりあえずくっつけたのと比べてみて、どっちが見やすいか確かめてみる!」

 

問1

傍線部①プレパラートを割っちゃってすごい怒られたことあるよという体験談は、愛が顕微鏡の使い方を間違った結果である。ピントを合わせる際、本来なら横から見て対物レンズギリギリまで近づけた後に接眼レンズをのぞきながら少しずつ離していくのだが、彼女はいきなり接眼レンズをのぞきながら近づけた結果、対物レンズとプレパラートを接触させてしまった。このように、実験器具は、使い方を少し間違うだけで破損や事故を起こしてしまう。次の選択肢の中で、誤った実験器具の使い方をすべて選べ。

(ア)顕微鏡で水生プランクトンを観察する際、より細かく見えるように、倍率の大きい対物レンズから順に試していった。

(イ)アルコールランプの火を消す際に、息を吹きかけて消すのは危険なので、専用の蓋を真上から被せて消した。

(ウ)2種のとある液体を試験管に入れるとどのような物質に変化するかを観察する実験で、においを確かめるために、試験管の口に鼻を近づけて直接嗅いだ。

(エ)水を沸点まで加熱させる必要がある実験で、突沸を防ぐために沸騰石を使いたかったが手元になかったので、素焼きの植木鉢を砕いたものを入れて代用した。

 

問2

この後、上原歩夢は、②This board is Rina-chan-board. Rina-chan-board was made by her.をアドバイス通りに一文に纏めることにした。その際に教科書を振り返っていたところ、二種類のやり方があることを思い出したので、どちらも書いて試してみることにした。頑張り屋さんで努力家の可愛い上原歩夢にならって、二種類のやり方で傍線部の二文を一文に纏めよ。ただし、片方は11語で、もう片方は9語で書くこと。なおピリオド、アポストロフィー、!、?などの記号は文字数に含まない。

 

問3

大好きを人に伝えることは非常に重要である。このテストで登場した女の子たちが登場するアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』には、魅力的なキャラクターが登場する。アニメ視聴者は、好きなキャラクターを一人明記したうえで、その魅力を自由に記述せよ。アニメ未視聴の場合は、知っている範囲で記述すること。また登場キャラクターについて全く知らない場合は、なんらかの手段でアニメを視聴すること。

 

問題は以上である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模範解答・解説・配点

1⃣

問1(配点0)

x²+5x-36=0  x=4,-9

 

問2(配点0)

 

2⃣

問1(配点0)

いえのつくりよう

問2(配点0)

(ア)地中海性気候(イ)針葉樹林

 

3⃣

問1(配点0)

(ア)(イ)(ウ)

問2(配点0)

This board is Rina-chan-board which was made by her.(11語)

This board is Rina-chan-board made by her.(9語)

問3(配点100)

採点基準は、採点者に委ねられるものとする。

 

【剣盾S11ダブル最終レート1708・順位781位】ラリルレロレルリリル構築【シザリガー入りブリムオン軸トリルスタン】

 

f:id:kobayasisinn:20201101234201j:plain

はじめに

 こんにちは。今回は、ポケモン剣盾ランクバトルのS11ダブルにて目標としていた最終三桁を達成できたので、その時に使っていた構築をここで紹介します。

 

 成績は、メインロムにおいて、最終781位、最高および最終レート1708です。今回はサブロムをあまり動かしておらずマスターに上げる程度に留めていた上、成績としても前回記事を下回っていますが、こっちが上手くいき過ぎただけなのでこれぐらいで十分満足しています。

 

構築経緯

 話はS10開始時にさかのぼります。S10はとんでもなく迷走していました。いつも「迷走していました」から構築経緯が始まっている気がしますが、これは過去類を見ないレベルでの迷走でした。というのも、S10・11が、通常のランク・レート対戦では前代未聞の、「使用率上位10匹が禁止」というルールだったからです。やはり周囲もあたふたしていましたが、僕はそれに輪をかけて混乱していて、構築が全然定まりませんでした。初期からいろいろなパーティを作っては試して連敗して解散して、を繰り返した結果、どんどん順位を落として、9月中旬はずっとガチパでそれなりの回数潜っているのに15000位から抜け出せない状況が続いてしまったのです。 

 

 そんなことしているうちに、シーズン中盤。やばいなーどうしようかなーと思いながら使用率トップを見ていると、ある事に気が付きました。トップ層のほとんどにf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainがぶっ刺さっているのです。これは使うしかありません。

 

 f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainを使うなら当然トリルパ。というわけで、S10初期にf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plain構築で使っていた一撃f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの並びがかなり感触が良かったのでとりあえず採用しました。その後、f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainが苦手な鋼タイプを受けることができてこちらからは高めの打点があるf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainの鉄壁ボディプレス型が相性が良いと思い採用。また、初手でf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainと並べたいf:id:kobayasisinn:20200831194701p:plainの代わりとして配信されてからボックスで塩漬けになってたハングルf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainをとりあえず採用。ここまであまりにも炎タイプに弱すぎるので相手を選出画面で牽制できるf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainをとりあえず採用。なんかほとんど「とりあえず」で組んだメンバーですが、なんだかこれでそれなりに少しずつ勝ち越していくことができたので、完成としました。

 

 結果、これでS10は最終・最高レート1759、最終順位858位を達成しました。目標としていた最終三桁に無事たどり着いたということで、S10最終日は潜らずに、この構築の記事を意気揚々と書き始めました。そして、そこで気づきを得ます。

 

①恒例の「弱点」の項目を含め、記事の各所でこれでもかとばかりにf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainに勝てないと主張していた。

 

f:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainの選出率があまりにも低く、選出した試合があったとしてもその試合はこいつを選出しなければならないという時点で苦しい。

 

 この構築を使っているうちにずっと思っていたこれら大きな欠点があって、それを埋めるポケモンがいるのです。

 

f:id:kobayasisinn:20201031112056p:plain<え!? この厨ポケ軍団の中に僕が?

↑このザリガニです。

 

 入れ替えて最終日にサブアカウントで潜ってみた結果、これまで気になってた構築を試しては5連敗とかしてスパボ級から上がれずに死んでいたサブアカウントで7連勝して一瞬でマスターに上がったので、これは良いと思い、S11(今期)で正式採用することにしました。

 

ウーオス

ムオン

サマヨー

ナット

レル

シザガー

ックーム

 という具合に主要構成要素にラ行が一杯あって楽しいので、ラリルレロレルリリル構築と呼ぶことにします。まあ、並びを見てくれれば分かりますが、無理やり面白い名前を付けただけで、ただのシザリガー入り厨ポケトリルスタンです。はい。

 

 ちなみにニョロトノがいたころはラリルレロロレルリル構築という名前でした。

 

 そういういきさつがあるため、この記事はS11で使用したf:id:kobayasisinn:20201031112056p:plain入りの記事ではありますが、ほぼ完成していたS10のf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plain入り構築の記事を書き換えたものなので、S10・11両方の話が入り混じっています。読みにくいとは思いますがご了承ください。

 

個別解説

①ウーラオス(いちげきのかた)

f:id:kobayasisinn:20200831164843j:plain

 

 担当。二つに分かれていてどっちも同じぐらい強かったがゆえに使用者が割れるという違法スレスレの方法で禁止を回避したポケモン。イエッサンは♀が強すぎたがゆえに……。

 

 前回の構築と全く同じ固体です。技構成・性格・努力値振り・道具はすべてテンプレですね。

 

 S10の序盤、トリルパにおいて、初手でf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainを並べると強いことに気が付きました。相手から見たf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainへの対処法としては、①火力を上げた悪やゴースト(鉢巻f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain暗黒強打や弱点保険起動f:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainダイアークなど)といった弱点技で倒しきる、②晴れサンパワー珠キョダイゴクエンf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainのような等倍超火力で倒しきる、③挑発や封印でトリックルームを封じる(f:id:kobayasisinn:20200930133142p:plainなど)、④キノコのほうしで眠らせるf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain、などがあります。

 

 一撃f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainは①をしてくるポケモンに対して超高火力で安定する一致火力をぶち込めますし、③にはゴーストやエスパーが多いためこれもまた暗黒強打がよく通ります。②④もサマヨールに対してなんらかのアクションを強要されているので、悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainの等倍高打点をいれて初手で全く何もできない、ということを防ぐことができます。何が偉いかって、④をしてくるf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainはダメージが通しにくい厄介な相手なのですが、暗黒強打なら安定してダメージが入ることだと思います。

 

 また、今の環境下においては十分以上に活躍できる速さと広い一致等倍範囲と高い火力を備えている一方で耐久が低いため、相手に対してトリルターンの時間稼ぎを許しません。

 

②ブリムオン

f:id:kobayasisinn:20201031134523p:plain

 今回の軸で担当。調整は、Cぶっぱ、H珠ダメを抑える10n-1調整、残りは低いB、という定番のもので、特性と技はテンプレ。特性については、そろそろこいつ相手に変化技撃つ奴いないでしょって思うかもしれませんが、f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainに向けて変化技をよく撃たれるのでそれに対して交代出しして相手の行動を無駄にする戦術ができるので、やはりマジックミラーがベストです。またトリル戦術の都合上、このポケモンは後発ダイマックスをするため、ダイマックスが切れて不利になった相手が動揺からかこいつに変化技をよく撃ってきます。あとf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainと並んだ時はサイドチェンジでf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainを狙った変化技も跳ね返したりも可能です。

 

 このポケモンは環境上位のほとんどのポケモンに、トリル下においては有利を取ることができます。また、珠持ちで超火力なため、相手ダイマックスポケモンも、ある程度削っていたりf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの手助けと合わせたりすればほとんど行動させることなく等倍ならば消しとばすことも可能です。あまりにも上位ポケモンに大体有利なため、初手トリル役のf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainはとても大事なダイマックスエースなのでトリル役をやらせてダメージを入れるような真似はしたくないからです)と並んで選出率は100%です。

 

 大抵の役割は、初手の並びでトリックルームを決めてからの後出しです。死に出しがほとんどで、たまにある相手に火力が無いパターンだったら交代出しです。相手に火力が無いパターンは、相手がトリルターン稼ぎを狙っている証であるため、積極的に交代出しをしましょう。

 

 キョダイテンバツがとにかく強いですね。勝ち筋を広げたりワンチャンを作ったり相手の精神を壊してプレイングを壊したりととてつもない効果があります。自傷を引かせたおかげで勝ち、自傷は引いていないが相手が急にプレミをしだして勝ち、というのが結構あります。なんてクソゲーなんだ……。

 

サマヨール

f:id:kobayasisinn:20200930010335p:plain

 この構築の大黒柱で担当です。なぜか禁止にならなかったポケモン。恐らくf:id:kobayasisinn:20200824172220p:plainと食い合ったのでしょう。当然のように選出率は100%。調整は、後述の理由から現環境におけるこのパーティではDに分厚い方が良いと考えてのものです。生意気でDに補正をかけ、Hぶっぱ、Dはぶっぱでも良いけどせっかくだから少し削って11n、余りはBです。実は過去に使っていた個体の使いまわしで、作った当時は珠f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainの物理ダイホロウの乱数が大きく変わるという大義名分があっての思考停止11n調整でした。今は物理悪・ゴーストそんなにいないし、主な高火力物理攻撃であるf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainの暗黒強打は乱数が変わらない(一応B20まで振れば陽気珠の場合確定1発だったところが75%の乱数にはなるけども)ので、HD252B4でも大して勝負は変わらないと思います。

 

 技は、当然のトリックルームナイトヘッド、ワンチャンを引き寄せたり相手の脳を破壊したりするサイドチェンジ、そして特徴的な手助けです。

 

 この手助けは非常に絶妙です。優先度が高く、絶対に横のポケモンの火力を増強することができるので、高火力等倍で「大きく削る」を「一撃で倒す」まで押しあげられます。トリル中に勝負を決めたい短期決戦型のこの構築にはぴったりの技ですね。主に、ダイマックスしたf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainに対して放つf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainインファイトf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainのキョダイテンバツ、初手に出てきて嫌なことを沢山する気満々のf:id:kobayasisinn:20200831114549p:plainに対して放つ威嚇を無視した暗黒強打を強化します。f:id:kobayasisinn:20200831114549p:plainは、耐久無振りなら絶対倒せないところから確定1まで押し上げられるし、H252B4なら50%程度の乱数1発で倒せます。今の環境にいる炎タイプには暗黒強打がよく通るので、裏のf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainを通しやすくするためにも優先的に倒したく、手助けによって一撃で倒せるところまで持っていけるのは非常に偉いです。

 

 Dに分厚い理由ですが、その最大の理由は、f:id:kobayasisinn:20200824145005p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145307p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152032p:plainf:id:kobayasisinn:20200824153840p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111744p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114532p:plainといった、f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainを一撃で倒したり岩雪崩連発で怯ませたりする厨物理ポケたちが軒並み禁止になったからです。現環境において物理技でf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainを一瞬で倒すことが可能でそれゆえにB振りが必要でかつそれなりに遭遇する相手は、袋叩きで強化したf:id:kobayasisinn:20200930141247p:plainf:id:kobayasisinn:20200831112955p:plainf:id:kobayasisinn:20200831140727p:plainか鉢巻f:id:kobayasisinn:20200930141252p:plain、それとf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainぐらいだと思います。f:id:kobayasisinn:20200930141252p:plainはサイドチェンジでタスキ持ちf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainを身代わりにしたり、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainの怒りの粉で吸い寄せたりすれば問題ありません。f:id:kobayasisinn:20200831140727p:plainf:id:kobayasisinn:20200831112955p:plainについても、袋叩き役か当人のどちらかは防塵ゴーグルを持てないので、やはりf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainで吸い寄せることが可能です。f:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainは初手に出てきてくれる分には手助け暗黒強打で倒してしまえるのでむしろ好都合です。一方でとにかく無理なのはf:id:kobayasisinn:20200930141247p:plainで、袋叩き役が防塵ゴーグルを持っていた場合、相手の強化も強化後攻撃も怒りの粉で吸うことができません。4段階上昇陽気A252ダイマリフブレで60%程度の確率で一撃死します。実際防塵叩き+f:id:kobayasisinn:20200930141247p:plainと戦った時の勝率は、S10のf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plain入りのほうで1勝2敗です。S11は幸い一度も遭遇しませんでした。勝った時は、確かサイドチェンジで初ターン誤魔化してf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainのヘドロ爆弾、次にf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainに交代してダイソウゲンを受けつつヘドロ爆弾、次にf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainに変えてダイナックルを透かしつつヘドロ爆弾(ここで相手が毒)、またサイチェンでf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの身代わりにf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainを差し出して誤魔化し、ここで相手が毒で倒れる、みたいなワンチャン狙い特化かつ相手の脳を破壊した勝負だったと思います。

 

 そんな感じで物理で厄介なのは大体何とかなる一方、特殊方面はそうはいきません。D特化f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainをぶち殺す定番の晴れサンパワーf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plain、怒りの粉をものともしないf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainf:id:kobayasisinn:20200930143026p:plainf:id:kobayasisinn:20200930143024p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152044p:plainの雨濁流連打、f:id:kobayasisinn:20200930133142p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200930143217p:plainのような超火力抜群特殊などです。以下にダメージ計算をまとめておいたので、こちらの画像をご覧ください。

f:id:kobayasisinn:20200930150105p:plain

Dは生意気H252D236B20振り、Bは呑気H252B236D20振りを意味する

 こんな感じで、現環境よく見る、ないしはそれなりに見る特殊高火力ポケモンたちの渾身の攻撃を、Dに厚くすることで耐えてトリックルームを決めることができます。怒りの粉を無視するf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200930150402p:plainの晴れ熱風2連発がそれなりの確率で倒されてしまうところが確定で耐えるようになり、f:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainf:id:kobayasisinn:20200824152044p:plainの雨濁流2連発に至っては両方急所に当たっても耐えることができます。

 

 どうでしょう。現環境におけるD(ほぼ)特化f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの凄さを分かっていただけたでしょうか。

 

 ちなみにこの構築で一番のポイントであるf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainの並びは、実は受けのタイプ相性補完もかなり良いので、初手サイドチェンジがよくぶっ刺さります。

 

 この構築に対しては、初手で挑発持ちがしょっちゅう出てきます。怒りの粉で防げなさそうな場合はサイドチェンジを連打してください。そうすれば相手の行動を半分無駄にしながら、f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainがなんかしらの仕事をできます。S10終盤とS11は初手サイドチェンジ率がとても高く、それで勝てた試合もたくさんあります。あと相手の精神に初手で攻撃を加えることができるので、わずかに有利になります(?)

 

 あと、f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの並びは結構浸透しているみたいで、相手と初手ミラーになることがあります。お互いにサイドチェンジをして初ターン虚無、2ターン目からはただのクソみたいなジャンケンが始まる、という展開が数回ありました。じゃんけん自体の勝率は半分を切っていますが、じゃんけんが発生した試合の勝率は(キョダイテンバツ混乱の天罰を一方的に与えたから)なぜか半分を超えています。

 

ナットレイ

f:id:kobayasisinn:20200930010338p:plain

 この構築の第2エース兼担当。トリックルームを決めた後にf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainと比べてどちらが相手に刺さっているかを考えてダイマックスしましょう。

 

 構築経緯の通り、元々は鉄壁ボディプレス型だったのですが、どうしても鋼技や草技が欲しかった(f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainが苦手なフェアリーf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainへの打点や、ダイマックスした時にダイスチルが撃ちたい)ので途中から型を変更して、アタッカーにしました。

 

 調整は普通の勇敢HA252D4。持ち物は諸般の事情で達人の帯(後で詳しく解説)としています。技は、安定(?)のパワーウィップとジャイロボールと、鋼タイプに打点が欲しいのでボディプレス。残り一枠は、f:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainに弱すぎるので叩き落とすを入れたかったのですが、初手トリルに失敗して相手のダイマックスを凌ぎたいときにどうしても必要だったので泣く泣く守るを選びました。

 

 特にコメントすることはない普通の個体ですね。炎タイプや高火力炎打点を持つ相手(f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114549p:plainf:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133142p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930150402p:plainなどなど)をあらかじめチェックしておいて、f:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainを出す前にそれらを優先的に倒してください。それができたらダイマックスが通りやすくなります。

 

 さて、問題は持ち物の達人の帯です。そもそもアタッカーf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainの魅力は、一致打点のジャイロボールとパワーウィップの威力が非常に高く、等倍ごり押しが強いことです。つまり、本来、達人の帯はあまり適性がありません。打ち分け可能で火力を上げたい場合、持たせるとしたら、達人の帯よりも、メタルコートや奇跡の種のほうが良いでしょう。f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainのような遅いフェアリー相手にしたいんです、という場合なら、ジャイロボールの威力が2倍になる素早さ半減アイテムでも良いかもしれません。ダイマックスしないときに多少削ったf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainを倒したいという場面がそれなりにあるのですが、メタルコートならジャイロボールで十分削り切れるのに、帯だと命中不安のパワーウィップを押さなければならない……というパターンもあります。またパワーウィップやジャイロボールが抜群で入るときはそもそも火力が高いので帯無しでも十分です。

 

 そんなどうしようもない持ち物なのでずっと迷い続けていましたが、この構築においては、やはり達人の帯がベストだと思います。

 

 その理由は、ボディプレスの存在です。Bに振っているわけでもなければ鉄壁を積んでいるわけでもないので、ただの不一致威力80。当然クソザコ技なので、この技に火力補強が必要となります。この構築はf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainが大エースのため、鋼タイプがとにかく辛いです。そんな鋼タイプ相手に少しでも打点を稼ぎたいので、達人の帯にするしかありません。これでf:id:kobayasisinn:20200824145128p:plainf:id:kobayasisinn:20200831112955p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainあたりへの打点を少しでも稼ぐのが目的です。f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainナイトヘッドによる削りと合わせればほんの少し上がった火力の差で意外となんとかなるので、達人の帯は正解でしょう。ただ、達人の帯のおかげで勝った試合はS10はほんの少しなので「うーん」という感じです。まあ別にそれ以外の試合が帯以外の持ち物だったら勝ってたかと言うとそれも「うーん」という感じですけども……。強いていうなればオッカなら勝ってたなあというのはありますが、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainに奪われているので関係ありません。この持ち物はもう本当に諸説なので、好みで変えてください。

 

 ちなみにボディプレスが一番活躍したのは、実は対f:id:kobayasisinn:20200930141249p:plainです。トリルさえ決められたなら別にf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainで全然何とかなるのですが、トリル決められなかった時の対f:id:kobayasisinn:20200930141249p:plainは、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainで最初の数ターンf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainを保護しながら、ダイスチルでBをあげつつ相手の高火力攻撃をなんとかギリギリで受けて、ダイマックスが終わった後に火力が上がったボディプレスで倒す感じです。当然等倍なので、達人の帯は意味ありません。確定数をずらすために食べ残しの方が確実に勝てます。

 

 達人の帯、これ不正解なのでは……? とS10最終日にf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plain入りの状態で記事を書いている時にはずっと迷っていましたが、S11もとりあえず帯で使い続けたところ、食べ残しだったら勝ってたという試合よりも帯のおかげで勝った試合の方が多かったので、帯がやはり正解のような気がします。

 

モロバレル

f:id:kobayasisinn:20200930010346p:plain


 この構築のサポート役兼ロレル担当。なぜか禁止にならなかったポケモン

 

 個体は配布された韓国産の流用です。どういう調整なのかよく分かっていませんが、Dに厚ければ別に問題なかったのでそのままなんとなく使ってます。サマヨールの横に並んで色々と相手にとって嫌なことをするポケモンです。f:id:kobayasisinn:20200824153008p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainはS10前半を総合して一番使われて嫌なポケモントップ2なので本当は使うのを躊躇したのですが、闇落ちして採用しました。

 

 技は、安定にして最大の役割であるキノコの胞子と怒りの粉は確定でしょう。あと怒りの粉を無視する草タイプがそれなりに辛いので、それに対する最大打点であるヘドロ爆弾も確定です。あと一つは世間的には守るなのでしょうが、この構築ではほどよく速く退場してほしいので不採用。代わりに、f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainに一致抜群突いてきたりトリル封印してきたりするゴーストタイプ(f:id:kobayasisinn:20200930143217p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133142p:plainなど)やトリル封印したりf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainを一撃で倒そうとするエスパータイプへの打点になるイカサマを採用しました。守るが欲しい場面が無いわけではないですが、イカサマがあって助かった場面の方が多いので、これで正解だと思います。まあイカサマもあまり使わなかったので、ここは好みの問題です。構築全体としてキツいf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainへの打点になって欲しくてイカサマを採用したのですが、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain

は初手に出してf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの身代わりになってもらって退場する役割なのに対して、この二匹は後発で出てくる場合がほとんどなのであまり意味はありませんでした。一応これらに対して撃つ機会はありましたが、その試合は負けています。勝ち筋を作ることはできたのですが、勝ちにはならなかった感じですね。

 

 持ち物はオッカのみ。構築全体として炎タイプがきついので、それを誤魔化すためです。また、これを持たせることで、f:id:kobayasisinn:20200831170539p:plainf:id:kobayasisinn:20200930150402p:plainの道具で強化した晴れ熱風や弱点保険起動f:id:kobayasisinn:20200824145032p:plainのダイバーンを一度だけ耐えることができます。特に道具強化晴れ熱風を一発耐えるというのは、f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainへのキョダイゴクエンや単体ダメ熱風を通さないということであり、非常に重要です。

 

 現環境においてはf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainととても相性が良いポケモンです。一番怖いのは防塵ゴーグル挑発なのですが、相手がゴーグルかどうかをお見通しで判別できるので、無駄に怒りの粉やキノコの胞子を使うことはありません。またサイドチェンジで相手のキノコの胞子をスカすことも可能です。

 

 相手f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014013p:plain、こちらf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainの初手対面で苦し紛れにサイドチェンジをしたところ、キノコの胞子もダイアタックも無効にできて、相手がブチ切れ即切断しました。サイドチェンジは、人の心を破壊するようです。

 

シザリガー

f:id:kobayasisinn:20201031145353p:plain

 この構築の補完アタッカー兼第二のリ担当。使用率上位の厨ポケひしめくこの構築に、使用率37位を押しのけて加入した、ランク圏外(150位以下)ポケモン

 

 先述の通り、この構築は特にf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainと炎タイプに辛い構築でした。炎タイプに強くてこの2匹にも勝てるポケモンいないかなー、とS10のf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plain入り記事を書きながら考えていたところ、突然思いついたので採用しました。

 

 特性適応力で水技の火力がとてもあるため炎タイプに強く、悪技の火力もとんでもないため天敵の二匹f:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainにも強いんですよ。むしろなんでもっと早く思いつかなかったんでしょうね……。

 

 調整は、勇敢最遅にしてAぶっぱし、残りの耐久はよくわからなかったので、とりあえずポケ徹の耐久調整ツールにお任せしました。持ち物については、S種族値55で速すぎてトリル下においてf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013628p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190904p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainらのこいつで倒したい相手に抜かれてしまうので、半減させるために黒い鉄球を採用。これで最遅S25族(f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190856p:plain)と同速になります。


 技は、安定の叩き落とすとアクアブレイク、トリルパ特有の削り切れなくてトリルが切れて負けるパターンを解消するための高火力先制技・アクアジェットは確定。あと1枠は、普通なら守るなのですが、せっかく黒い鉄球と適応力があるのでノリでなげつけるを採用しました。結果としては、投げつけるのおかげで勝った試合と守るが無いせいで負けた試合は、ギリギリ前者の方が多いぐらいだったので、正解だったかと思います。ただ「守る欲しいな~(実際なくてもなんとかなる)」みたいな場面が「投げつける使うか」って場面より多いのも確かなので、精神衛生上よくありません。

 

 どうしてもキツい相手への補完枠なので選出率は低め。ただf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainに比べたらかなり選出した方だし、選出したらしたでしっかり活躍してくれました。狙い通りに天敵である相手のトリルアタッカー(f:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200831190904p:plainf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plain)やサポーター(f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainなど)をトリル下で倒してくれます。遭遇することが少ないから相手に対戦経験が無く、しかも使用率150位以下であるため公式媒体であるポケモンホームではデータを見れない(ポケモンホームからデータぶっこ抜いて色んなデータを載せている非公式サイトでは見れるのは秘密)から検索も難しいという地雷枠めいたポケモンです。仮に使用率データにたどり着けたとしても、黒い鉄球の採用率は3%未満であるため、この素早さ逆転は相手の意表を突くことができます。

 

 雑に採用された投げつけるが結構活躍してくれました。非ダイマなのにダイマ技並みの火力(威力130)が出るので、怒りの粉でf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainダイマ技を吸おうとするf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainを下から一撃で落としたり、ダイマックスしたゴーストやエスパーを一撃で落としたりできます。また、投げつけるは守られても道具が消費される仕様を利用して、トリルラストターンに相手のダイマf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainに投げつけるをすることで、これが決まれば倒せて、仮にダイウォールされて防がれてもトリルが切れて上が取れるので倒せる、という勝ち方も出来ました。

 

 使用感としては、期待通りの活躍をしてくれはしましたが、やはり決して強いポケモンではないとも感じました。まず耐久があまりにも低く、チョッキ前提とはいえ過去にヤケモン認定されていたとはとても思えません。ダイマックスしても体感耐久が非ダイマf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plain以下とかそういうレベルです。また非ダイマ時の火力は補強アイテム無でこれかよってなるレベルで高かったのですが、ダイマ時の悪技は媒体がはたき落とす(ダイアーク威力120)と投げつける(ダイアーク威力100)だったせいで微妙に感じました。あとアクアジェットも使いやすかったし活躍してくれたのですが、ダイマックス率が70%を超えるf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainのダイサイコとのアンチシナジー場面も数回あったので、そこは考えた方が良いかもしれません。

 

 シザリガーは、オリジナルポケモン小説(数十万字分書いたが伏線を積み重ねた最終話のキメの一手とした技の効果を勘違いしていて展開に整合性が取れず作品そのものが潰れました)で主人公の第二の相棒にする程度にはお気に入りなので、構築に入れて結果を出せたので良かったです。

 

 

 

 

使い方・基本選出

 先発f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainorf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain、後発f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainf:id:kobayasisinn:20201031112056p:plain

 9割以上これ。f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainが通りそう(相手がf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainより遅くて半減が少ない)ならf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainを、超高火力でf:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainが落とされそうだったり相手が仲間殴りコンボ決める構築だったり挑発がウザそうなときはf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainという感じです。S10中盤とS11終盤はf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain選出が、S10終盤とS11序・中盤はf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain選出が多かった印象があります。そんなこんなで初手サイドチェンジしたりしながら上手いことトリックルームを決め、死に出しで裏から二大エースを出していきます。先述の通り、二大エースのどちらかがほぼ全く刺さっていないまたは相手の炎タイプやf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainがキツすぎる場合はf:id:kobayasisinn:20201031112056p:plainを出します。

 

弱点

f:id:kobayasisinn:20200930141247p:plain

 防塵ゴーグル持ちによる袋叩きコンボを決められてしまったらもうどうしようもありません。怒りの粉やキノコの胞子で誤魔化すのも無理です。f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainががっつりB振りなら4段階上昇珠ダイソウゲンもそれなりの確率で耐えるのですが、Dがっつり振りなので道具なしですら62%で一撃死します。サイドチェンジやf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainと交代するなどしながらヘドロ爆弾でちまちま削っていきましょう。クリアスモッグや黒い霧が欲しいのですが、技スぺがどうしても……。S11で(もともと潜った回数が50回に満たないとはいえ)一度も遭遇しなかったのは助かりました。

 

②こちらのf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainが刺さらずかつf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainを沈められる相手(f:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plain

 これらが相手にいる場合、結構厳しいです。どちらもダイマックスすればf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainダイマ攻撃をなんとか耐えて反撃で一撃ということをできるからです。他のポケモンでも対応が不可能で、f:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainはほぼ何もできません。悪f:id:kobayasisinn:20200831114656p:plainや苦し紛れなf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainイカサマを採用したりしていますが、こちらの2匹はご存知の通り先発かつそれなりに速く死ぬのが役割であり、後発で出てくることが多いf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plainの相手は中々できません。対応としては、幸いどちらもDが低いので、元から削りを入れておくなり手助けで強化するなりしてからf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainで沈めてください。S11では、f:id:kobayasisinn:20200831115037p:plainの代わりに対策枠として突っ込んだf:id:kobayasisinn:20201031112056p:plainのおかげでf:id:kobayasisinn:20200930013033p:plainf:id:kobayasisinn:20200930133922p:plain相手もそれなりにできるようになりましたが、厳しいには変わりないです。f:id:kobayasisinn:20201031112056p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainに何もできない欠点はありますが、こいつ相手に関しては元々マジカルフレイムやボディプレスでなんとかなっていたので、対f:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainの補強はS11で特に何もしませんでした。

 

この指とまれをしたり先発で出てきたりするフェアリー(f:id:kobayasisinn:20201001013635p:plainf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plain

 先述の通り先発ウーラオスで場を荒らしたいので、攻撃技を半減してくるフェアリーはとても辛いです。ただのフェアリーならまだしも、この指とまれで吸ってくる上に耐久もそこそこ以上にあるf:id:kobayasisinn:20200930014011p:plainf:id:kobayasisinn:20201001013635p:plain、または後発のf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainが一撃で倒しきれないためそちらに半減技で削りを入れざるを得ないf:id:kobayasisinn:20200824145145p:plainはこの構築の天敵です。対策としてf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plainf:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainあたりを入れていますが、こいつらはフェアリーの取り巻きに当然弱いので、フェアリーを倒すべく出陣すると取り巻きに何もできず倒されてしまいます。

 

 そもそも構築自体がf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainによる短期決戦狙い特化なので、Dが高いことが多いフェアリーは苦手なんですよねえ。

 

まとめ

 厨ポケ最強!!!

 って感じです。なぜか禁止を逃れたトリルの御大二匹f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plain(S10使用率1位、S11は4位)f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plain(S11使用率6位、S9は8位)、二つに分かれていて両方がとても強いことから採用が分かれてギリギリ禁止を逃れたf:id:kobayasisinn:20200831114656p:plain(S11使用率3位、S9はシングルで水が9位)、安定して強い5世代から続く伝統的な厨ポケf:id:kobayasisinn:20200831111910p:plain(使用率7位)といった1桁ランク4匹に加えて、破壊性能が高くて環境にぶっ刺さってる上キョダイテンバツでワンチャンも狙えるf:id:kobayasisinn:20200824173131p:plain(S11使用率14位)と、厨ポケ勢ぞろい構築です。f:id:kobayasisinn:20201031112056p:plainだけがとっても浮いていて、使用率圏外(150位以下)なのですが、元々メイン5匹でこのパーティは完結していて6匹目のこの枠はピンポイント補完枠なので世間一般傾向の反映である順位は関係ないと言えます。

 

 この構築は都合上、f:id:kobayasisinn:20200831152424p:plainによるサイドチェンジ連打、f:id:kobayasisinn:20200831111941p:plainによる催眠戦法、f:id:kobayasisinn:20200824173131p:plainのキョダイテンバツによる複数混乱など、ジャンケン・害悪・運ゲー・人間の屑戦術を乱発します。清い心がある方や、ダブルバトルの楽しさを広げて人口を増やしたい方、日ごろの行いを良くしたい方などは、絶対に使わないでください。僕はこんな構築を使っているから、自分が拾った運ゲー勝ち筋以上のクソ不運負け筋を引きまくってます。キョダイテンバツを使っていたつもりが、自分が天罰を食らうので要注意です。

 

 成績としてはS10・11どちらも滑り込みでギリギリ三桁といったところですが、S10では16000位からなんとか三桁まで上げたこともあってf:id:kobayasisinn:20200831115037p:plain入りのころから勝率自体はそれなりに高く、改善してさらに使いやすくなったf:id:kobayasisinn:20201031112056p:plain入りの方はさらに強いので、S10・11環境においてはとても強い構築だと思います。S12の冠環境は、上位禁止環境から一転して準伝説と600族が降り注いできたので冬も相まって温度差で風邪をひきそうですが、頑張りたいと思います。

 

 以上です。読んでいただきありがとうございました。